Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 
大学院案内[概要]

「人間関係」の視点から現代社会の問題解決をめざします。

本研究科は、人間関係学部を基盤とした日本で最初の大学院です。
産業が高度に発達し、人々の生活環境が激変するなかで、さまざまな人間関係の問題に的確に対処し、 人々の自己実現や自己開発の努力に援助の手を差し伸べることのできる人材が必要とされています。
本研究科では、臨床心理学・社会学・教育学の学際的な教育研究を通して、 臨床心理相談、地域・福祉の公共政策、企業の人事・研修、学校教育・生涯教育等にかかわる 高度な専門的職業人を養成し、社会の発展と福祉に貢献することを目指します。

■特色

  • 1研究科1専攻とし、臨床心理学、社会学、教育学という専門領域の枠を越えた、学際的・総合的な選択履修が可能です。
  • 人間や人間関係にかかわる高度専門職業人を養成します。
  • 昼夜開講制、セメスター制の採用、星が丘キャンパスの活用により、社会人の方にも広く門戸を開放します。
  • 中学校教諭専修免許状(社会)および高等学校教諭専修免許状(地理歴史・公民)の取得が可能です(一種免許状を取得していることを条件とします)。
  • 専門社会調査士の取得が可能です(社会調査士資格の取得を条件とします)。

現代社会の問題を「人間関係」の視点からとらえます。

人間関係学研究科長 田中 節雄人間関係学研究科長
田中 節雄

現代社会では、物質的には申し分なく豊かな社会ですが、その豊かさと裏腹に、人と人との関わりにおいてはかつてないほどに複雑でかつ深刻な問題を抱えた社会でもあります。子育ての難しさ、学校でのいじめ、職場の人間関係トラブル、地域社会の人間関係の希薄化など、拡大し深刻化する現代社会の問題に私たちは必ずしも十分に対応できていません。
本研究科は、そのような現代社会の人間関係に関わるさまざまな問題に臨床心理学、社会学、教育学という学問分野から接近し、その問題解決の道を探るべく研究教育に取り組んでいます。

 
 
ページTOPへ