Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

臨床心理学特講II

担当者 舛田 亮太
学科 大学院
学年 1
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 水曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

講義内容は、主に医療機関(病院、クリニック)での心理療法を想定しているが、大学付属相談室、学生相談、スクールカウンセリングなどにも通じる汎用的な事柄を扱う。または発表内容は力動的心理療法を中心とするが、各臨床現場のニーズに応じた面接者になれるよう、認知行動療法(特に心理教育)との異同点も随時説明していく。

■授業計画

1.自己紹介 オリエンテーション 担当章の割り振り
2.来談者の立場
3.治療原則
4.自己理解
5.来談者のニーズ
6.精神分析と認知行動療法
7.面接者の防衛
8.マインドフルネス
9.心理療法の目標
10.セラピストの中立性と自己開示
11.直面化
12.禁欲原則
13.外傷モデル
14.治療構造
15.まとめ

■履修上の注意

目的意識を持ち、積極的に講義に参加することを求めます。

■授業方法

-

■評価方法

毎回の授業への感想カード記入(30%)、各発表(40%)、最終レポート(30%)により、総合的に評価する。

■授業テーマ

心理療法の原理原則を学ぶ。

■授業の到達目標/育成する能力

心理療法に関する基礎的事項を踏まえ、受講者自身が担当する事例に資する心理療法の原理・原則について考えることができる。また、医療・病院臨床において心理療法を行う際の原理・原則について考えることができる。また相談室でケースを担当する場合に、医療・病院臨床でケースを担当する場合との違いについて考えることができる。

■教科書

心理療法/カウンセリング 30の心得 岡野憲一郎

■参考書

カラー版 徹底図解 臨床心理学 ―フロイトの理論から現代の臨床事例まで 青木 紀久代 新星出版社

■WEBページ

-

 
 
ページTOPへ