Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

心理療法特講I

担当者 李 敏子
学科 大学院
学年 1
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 火曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

心理的援助者の基本的態度について学んだ上で、遊戯療法の実践における留意点や親面接のあり方について、事例研究を通して理解を深める。

■授業計画

1.心理療法とは何か――心理療法の専門性
2.心理臨床の独自性
3.心理療法の全体像――学派による相異点と共通点
4.初回面接の基本的考え方
5.遊戯療法とは何か
6.遊戯療法における基本的態度
7.プレイセラピストに求められるもの
8.遊戯療法の事例
9.遊戯療法における具体的対応
10.遊戯療法における治療的変化の見方
11.親面接の基本的考え方
12.親面接の事例
13.親面接における対応の工夫
14.治療の中断と終結
15.治療の成果に対する評価

■履修上の注意

毎回さまざまな質問に答えてもらうので、自分で考えることを習慣づけてください。さまざまなテーマについて主体的に考えるようにしてください。
どのような技法も、心理療法家としての基本的な態度が基礎にないと、クライエントに役立つように用いることはできません。心理的援助に携わる者として、基本的な態度を身につけるよう努めてください。

■授業方法

-

■評価方法

参加態度(10%)、毎回のレポート(10%)、課題レポート(80%)により、総合的に評価する。

■授業テーマ

心理的援助の方法――特に遊戯療法と親面接について

■授業の到達目標/育成する能力

心理的援助者に求められる態度および心理療法の基礎について理解を得ること、特に子どもを対象とする遊戯療法とそれを支える親面接のあり方について理解を得ることを目的とする。

■教科書

指定しない。

■参考書

指定しない。

■WEBページ

-

 
 
ページTOPへ