Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

臨床心理査定特講

担当者 舛田 亮太
学科 大学院
学年 1
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 水曜日 4時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

ロールシャッハ法を中心とした心理査定の応用編となる。精神科を中心とした臨床現場で、どのように心理検査が要請され、心理士としてどのようにこたえていくべきかを議論し検討していく。

■授業計画

1.自己紹介 オリエンテーション、臨床の要請と心理査定の導入
2.ロールシャッハと日常生活 継起分析1(以下#3まで利用『改訂 ロールシャッハ法と精神分析』)
3.継起分析の方法2
4.読み取りの枠組み(同上)(以下#13まで『ロールシャッハテストの所見の書き方』を利用)
5.総合的理解1 病態水準
6.総合的理解2 テストバッテリー
7.心理検査結果のまとめ方1
8.心理検査結果のまとめ方2
9. 心理検査結果の伝え方1
10.心理検査結果の伝え方2
11. 文献による心理査定ケース検討
12. 文献による所見検討 その1
13. 文献による所見検討 その2
14.心理査定を用いた援助事例 その1 (以下#15まで『心理検査を支援に繋ぐフィードバック』利用)
15.心理査定を用いた援助事例 その2

■履修上の注意

目的意識を持ち、積極的に講義に参加することを求めます。
また文献において様々な援助事例に触れるため、負担に感じることも想定される。従って体調には充分留意すること。

■授業方法

-

■評価方法

毎回の授業へのコメント(30%)、最終レポート(70%)により、総合的に評価する。

■授業テーマ

ロールシャッハ法を中心とした心理査定の臨床応用

■授業の到達目標/育成する能力

ロールシャッハ法とテストバッテリー、病態水準、継起分析などの手法を理解できる。また臨床現場でどのように要請され、所見・報告などどのようにこたえるべきか、その基本的事柄を把握できる。

■教科書

ロールシャッハテストの所見の書き方 加藤志ほ子・吉村聡編著 岩崎学術出版社

■参考書

片口安史 改訂 新・心理診断法 金子書房         
馬場禮子 改訂 ロールシャッハ法と精神分析 岩崎学術出版社
竹内健児 心理検査を支援に繋ぐフィードバック 金剛出版
沼初枝 臨床心理アセスメントの基礎 ナカニシヤ出版

■WEBページ

-

 
 
ページTOPへ