Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

臨床心理学基礎実習II

担当者 李 敏子安立 奈歩池田 英二中西 由里西出 弓枝舛田 亮太
学科 大学院
学年 1
開講期 後期
単位数 1 単位
開講日 後期 金曜日 3・4時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

臨床家としての倫理や基本的態度を学んだ上で、インテークカンファレンスおよびケースカンファレンスにおいて、面接を担当した者が事例を報告し、それについて全員で討論することにより、見立てや援助方針が妥当であるか検討する。

■授業計画

1.ガイダンス
2.インテークカンファレンスおよびケースカンファレンス
3.インテークカンファレンスおよびケースカンファレンス
4.インテークカンファレンスおよびケースカンファレンス
5.インテークカンファレンスおよびケースカンファレンス
6.インテークカンファレンスおよびケースカンファレンス
7.インテークカンファレンスおよびケースカンファレンス
8.インテークカンファレンスおよびケースカンファレンス
9.インテークカンファレンスおよびケースカンファレンス
10.インテークカンファレンスおよびケースカンファレンス
11.インテークカンファレンスおよびケースカンファレンス
12.インテークカンファレンスおよびケースカンファレンス
13.インテークカンファレンスおよびケースカンファレンス
14.インテークカンファレンスおよびケースカンファレンス
15.インテークカンファレンスおよびケースカンファレンス

 9月入学の新入生に対して、ケースカンファレンス終了後に入門的ガイダンスを行う。1.臨床心理士としての倫理問題、2.マナーなど基本的態度、3.担当している事例の記録のとり方や記録の保管方法など、具体的な事項について指導する。

■履修上の注意

事例報告を行う時は、事前に資料の内容についてスーパーヴァイザーの指導を受けること。他の人の事例報告を真摯な態度で聴き、質問や意見などの発言を積極的にするように努めてください。
自分が担当した事例だけでなく、多くの事例報告を聴くことで、アセスメントや治療的変化をみる力を養ってください。

■授業方法

-

■評価方法

受講態度(80%)、発表内容(20%)により、総合的に判断する。

■授業テーマ

臨床心理学実践に携わるための基礎的な実習

■授業の到達目標/育成する能力

さまざまな事例報告を聞くことにより、心理面接を行う上での基礎的な知識と技術を習得することを目的とする。そのことにより事例および心理療法過程への理解を深め、臨床実践に役立てる。

■教科書

なし

■参考書

なし

■WEBページ

-

 
 
ページTOPへ