Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

臨床心理学特別演習

担当者 増井 透
学科 大学院
学年 1
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 木曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

受講生は論文を2本程度担当し、講読の上、要約とコメントをレジュメにまとめて、授業内で報告する。授業では、担当者のレジュメ報告に引き続き、全員で論文を検討する。
対象となる論文は、授業の前半は原則として重要テーマの基本論文あるいは最新のトピックを扱う論文とする。授業の後半は、受講生が自らの関心に基づいたテーマの論文を検索・選択して担当する。

■授業計画

1.授業のガイダンス
2.英語論文検索のガイダンス
3.論文講読①
4.論文講読②
5.論文講読③
6.論文講読④
7.論文講読⑤
8.論文講読⑥
9.論文講読⑦
10.論文講読⑧
11.論文講読⑨
12.論文講読⑩
13.論文講読⑪
14.論文講読⑫
15.まとめ

■履修上の注意

自主的な学びを期待する。
できるだけ多くの論文を実際に読んで自分なりに整理する方略を身につけたい。また内容の理解だけでなく、論文構成(パラグラフ構造)について必ずトレースする。

■授業方法

-

■評価方法

報告レジュメ(50%)、討議への積極的かかわり(50%)による総合評価

■授業テーマ

臨床心理学領域を中心とした英語論文を含む専門論文の講読

■授業の到達目標/育成する能力

最新の英語論文を講読し、臨床心理学の国際的な研究状況を理解するとともに、研究デザインや研究方法、結果の分析法や考察の仕方などについて批判的に討論できることを目標とする。

■教科書

なし

■参考書

なし

■WEBページ

-

 
 
ページTOPへ