Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

犯罪心理学特講

担当者 廣井 亮一
学科 大学院
学年 1
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期集中

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

講義内容を3部で構成する。
第1部では、非行・犯罪をとらえる基本的視座について司法臨床の観点から解説する。
第2部では、少年非行の現状、歴史的変遷をもとに、非行や犯罪につながる「攻撃性」の変質を説明したうえで、現代の社会問題になっている児童虐待と非行について講義する。
第3部では、ストーカー犯罪、パーソナリティ障害と犯罪、殺人事件の精神鑑定の事例によるワークを行いながら司法臨床の必要性を明示する。

■授業計画

1.非行・犯罪をとらえる基本的視座
2.非行少年・犯罪者の更生に向けたパラダイムの転換
3.少年非行の現状
4.少年非行の歴史的変遷-その1
5.愛着障害と非行-広島少女遺体遺棄事件
6.少年非行の歴史的変遷-その2
7.現代の子どもの死生観
8.人を殺すということ
9.パーソナリティ障害と犯罪-その1
10.パーソナリティ障害と犯罪-その2
11.ストーカー犯罪の理解と対応-逗子ストーカー事件をもとに
12.ストーカー犯罪の検証-大阪府警の100ケースをもとに
13.ストーカー加害者の実際-攻撃性論考
14.精神鑑定の実際:動機不可解な殺人事件をもとに-その1
15.精神鑑定の実際:動機不可解な殺人事件をもとに-その2

■履修上の注意

積極的な姿勢で臨むこと。

■授業方法

-

■評価方法

50% 大学院生としての主体的な受講態度(意見の提示、ディスカッション等)
50% ワークのための課題やミニレポート課題は講義時に提示する。そのレポート内容を評価する。

■授業テーマ

司法臨床による非行と犯罪へのアプローチ

■授業の到達目標/育成する能力

現代の社会問題になっている、非行、ストーカー問題などを通して、非行少年や犯罪者についての理解を深め、その解決のためのアプローチを習得する。

■教科書

-

■参考書

『家裁調査官が見た現代の非行と家族-司法臨床の現場から』 廣井亮一編著 創元社 2015年
『加害者臨床』 廣井亮一編著 日本評論社 2012年 978-4-535-56311-7 
『カウンセラーのための法と臨床-離婚、虐待、非行の問題解決に向けて』 廣井亮一著 金子書房 2012年
『司法臨床入門』 廣井亮一著 日本評論社 2012年

■WEBページ

-

 
 
ページTOPへ