Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

福祉社会論特講

担当者 手嶋 雅史
学科 大学院
学年 1
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 木曜日 6時限/後期 木曜日 1時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

21世紀社会の福祉問題は、その多くが「みんな一緒」に解決できるものではなくなった。特に障害者福祉は、国連の「障害者の権利条約批准」を受けて一人一人の人権問題へと変化しつつある。そこで本講義では社会福祉学の視点で障害者福祉を中心に、成熟社会に対応する実践をそれぞれのテーマに沿って、論点や課題を検討する。

■授業計画

1.イントロダクション
2.障害者支援の視座
3.「障害者になる」、「障害者である」ことの違い
4.幸せになれる人は他人を幸せにする人だけなのか
5.障害者への相談支援の行方
6.障害者の理解は「みんな一緒、みんな仲良し」から「みんなちがってみんないい」?
7.バリアフリーとユニバーサルデザイン
8.特別支援学校の増加の意味
9.企業は障害者を受け入れている?
10.リベラリズムと障害者
11.合理的配慮をしないことを禁止する(二重否定のわけ)
12.損得勘定と障害者支援
13.「トロッコが暴走」したら障害者は救われるか?
14.障害者問題が人権問題となる時
15.まとめ

■履修上の注意

正解ではなく納得できる「解」を求めていきたい。

■授業方法

-

■評価方法

報告内容(50%)、レポート(50%)により総合的に評価する。

■授業テーマ

人権問題としての障害者福祉

■授業の到達目標/育成する能力

ここでは各種障害者施策を紹介しながら、障害者支援の課題について理解する。

■教科書

指定しない

■参考書

必要となる資料や参考書は適宜示す。

■WEBページ

-

 
 
ページTOPへ