Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

高齢福祉社会論特講

担当者 株本 千鶴
学科 大学院
学年 1
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 金曜日 6時限/後期 金曜日 1時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

人口高齢化現象はアジア地域にも拡大し、こんご全世界が高齢社会に向かう。このような社会状況の中で先進国はすでに福祉システムを整え、後発国はその途上にある。本講義では、日本も含めた諸地域における高齢化と福祉について、歴史的および現代的視角からどのような社会学的研究がなされているか文献講読をとおして検討、把握する。

■授業計画

1.オリエンテーション           
2.講読テキストの選定
3.受講生による報告・討論
4.受講生による報告・討論
5.受講生による報告・討論
6.受講生による報告・討論
7.受講生による報告・討論
8.受講生による報告・討論
9.受講生による報告・討論
10.受講生による報告・討論
11.受講生による報告・討論
12.受講生による報告・討論
13.受講生による報告・討論
14.受講生による報告・討論
15.受講生による報告・討論

■履修上の注意

社会学的知識の習得を目的とします。専門用語は辞書で調べて確認してください。
特になし

■授業方法

-

■評価方法

平常点(受講態度30%)、期末レポート(70%)による総合評価。報告内容、討論への参加状況、文献の理解度、などを評価の対象にする。

■授業テーマ

高齢化と福祉にかんする社会学的アプローチ

■授業の到達目標/育成する能力

高齢化と福祉について、歴史的および現代的視角からどのような研究がなされているかを把握することを目的する。

■教科書

指定しない。

■参考書

とくに指定しないが、社会学の辞書は常に使用すること。

■WEBページ

-

 
 
ページTOPへ