Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

小集団論特講

担当者 上嶋 正博
学科 大学院
学年 1
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 木曜日 6時限/後期 木曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

前半は、日本企業における職場集団に焦点を絞り、そこでの組織の在り様や人をめぐる問題について、講義やケースメソッドを中心に授業を進める。後半は、雇用形態の多様化、成果・業績主義の展開等が職場における人間関係をどのように変容させつつあるかを具体的に考え、今後の課題 についても議論していきたい。なお、職場におけるQCサークルに代表される小集団活動についても、職場運営との関係から適宜言及する。

■授業計画

1.授業ガイダンス
2.組織と人間関係・・・・・・・・・・講義と実習(復習:実習での学び・気づきを整理しておく)
3.組織と情報化・・・・・・・・・・・・講義と討議
4.組織パワーと成員・・・・・・実習(復習:実習での学び・気づきを整理しておく)
5.ホーソン実験とその意義・・講義
6.リーダーシップの在り方とその効果(Ⅰ)・・講義
7.リーダーシップの在り方とその効果(Ⅱ)・・ケースメソッド(予習:配付されたケースを事前に読んでおく)
8.職場集団の管理と課題(Ⅰ)・・・・・講義と討議
9.職場集団の管理と課題(Ⅱ)・・・・・ケースメソッド(予習:配付されたケースを事前に読んでおく)
10.職場における人材育成の現状と方向・・講義(教材:A社企業内教育体系図)
11.職場における成果・業績主義の展開・・講義と討議(教材:B社評価ツール(部分))
12.雇用形態の多様化と職場集団・・・・・・・・講義
13.日本的な職場運営と小集団活動・・・・・・講義
14.キャリアの振り返りとキャリアデザイン・・・講義と実習(復習:実習での学び・気づきを整理しておく)
15.総括レクチャー

■履修上の注意

事前学修の際には、配付された資料の疑問点・確認点を整理しておくこと。授業時の討議には、積極的に参加されたい。

■授業方法

-

■評価方法

レポートの提出を求める。レポートの評価と授業への参加度などを総合的に判断し評価する。

■授業テーマ

日本企業における組織と雇用

■授業の到達目標/育成する能力

現代の日本企業における”人”をめぐる現状を組織と雇用の視点から理解し、その課題を発見し、今後の取り組むべき方向を展望する力を養う。

■教科書

使用しない。必要な資料は、その都度配付する。

■参考書

授業内容との関連において、その都度指示する。

■WEBページ

-

 
 
ページTOPへ