Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

生涯学習論特講

担当者 益川 浩一
学科 大学院
学年 1
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 土曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

世界各国のあるいは日本各地のすぐれた生涯学習実践例を取り上げつつ、「地域の地平」から、生涯学習の本質についての理解を深めることを目的とする。
本講義では、世界各国のあるいは日本各地のすぐれた生涯学習実践例を取り上げつつ、生涯学習の考え方を世界及び日本の歴史から学ぶとともに、学校教育の変質と生涯学習の関係、ライフステージに応じた学習の状況や課題、それに対する地方自治体の支援の実態や方向性(学習情報提供や学習相談の意義などを含む。)などを解説し、生涯学習の本質についての理解を深めることを目的とする。

■授業計画

1.生涯学習とは何か
2.なぜ、生涯学習が必要なのか
3.生涯学習の歴史I-ユネスコを中心に-
4.生涯学習の歴史I-OECDを中心に-
5.生涯学習の歴史II-日本(明治、大正期)を中心に-
6.生涯学習の歴史II-日本(昭和期)を中心に-
7.学校と生涯学習
8.都道府県行政による生涯学習支援
9.市町村行政による生涯学習支援
10.生涯学習施設論
11.生涯学習関連指導者論
12.生涯学習プログラムの実態-傾向とその評価-
13.生涯学習プログラムの設計・立案
14.生涯学習プログラムの運営
15.総まとめ授業及び理解度認定(振り返り)

■履修上の注意

なし/
日頃から身近なところで実践されている生涯学習活動に目を向けるようにしてください。

■授業方法

-

■評価方法

学期末のレポートにより評価する。レポートについては、①内容の妥当性(40点)、②内容のオリジナリティ(40点)、③レポートの形式(20点)の観点から、評価する。その際、生涯学習の本質についての理解が深まっているかどうかを重視する。

■授業テーマ

生涯学習の歴史・理念・施策動向と現代社会における生涯学習の役割

■授業の到達目標/育成する能力

生涯学習の歴史・理念・施策動向と現代社会における生涯学習の役割を考究することをとおして、生涯学習の本質についての理解を深める。

■教科書

益川浩一『生涯学習・社会教育の理念と施策』(大学教育出版、2005年)を使用する。

■参考書

益川浩一『戦後初期公民館の実像』(大学教育出版、2005年)、益川浩一編著『人びとの学びと人間的・地域的紐帯の構築』(大学教育出版、2007年)を活用する。

■WEBページ

-

 
 
ページTOPへ