Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

教育学特講

担当者 西口 正文佐川 佳之田中 節雄藤原 直子向井 一夫山口 雅史
学科 大学院
学年 1
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 火曜日 1時限/後期 水曜日 6時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

さまざまな教育事象に対する研究方法の基礎を修得することをめざして,担当教員ごとに授業を行う。

■授業計画

1.オリエンテーション
2.教育とジェンダー研究の現在(藤原)
3.フェミニスト教育学の射程(藤原)
4.近代教育システムの出現:教育の歴史(1)(向井)
5.近代教育システムの展開:教育の歴史(2)(向井)
6.発達と教育をめぐる思想(の主流):教育制度,教育実践,教育成果の通俗的有用性基準(あるいはメリトクラシー)(西口)
7.教育(学)的認識および判断における通俗性と超越性(西口)
8.「子ども問題」と言説(佐川)
9.「子ども問題」と当事者(佐川)
10.近代日本において学校制度が果たしてきた役割(田中)
11.近代公教育の到達点としての現代教育(田中)
12.幼児教育の現在(山口)
13.保育の現在(山口)
14.これまでに学んだことを自らの取り組みにどう生かすか(1)
15.これまでに学んだことを自らの取り組みにどう生かすか(2)

■履修上の注意

つねに授業テーマと到達目標を意識して、各回の授業に臨むこと。

■授業方法

-

■評価方法

授業の到達目標に準拠した客観性・厳格性を帯びた評価がなされる。

■授業テーマ

教育事象への研究方法

■授業の到達目標/育成する能力

教育事象への研究方法の基礎として大切となる事柄を修得する。

■教科書

指定しない。

■参考書

それぞれの担当者の指示に従うこと。

■WEBページ

-

 
 
ページTOPへ