Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

事例研究III

担当者 藤原 直子
学科 大学院
学年 1
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 土曜日 1時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

人間形成・生涯発達の視点から、近年のジェンダーに関する諸問題やジェンダー研究の動向を探るとともに、今後の多様な人間形成像について考える。この授業では、ジェンダー、フェミニズム、セクシュアリティに関連する基本文献、学術論文また近年刊行された文献を講読することでジェンダー研究の動向を探る。文献については、授業時に提示する。その中から受講生の希望するものを選択し、各自、分担箇所を決め、レジュメにして報告、ディスカッションを行う。人間形成において密接に関連するジェンダーについて、個々人のライフスタイル、ライフステージにおいてどのような影響を与えるのか、人間の「生」に照らし、より豊かな生き方を保証する社会の方向性について模索する。

■授業計画

1.ジェンダーと教育研究の動向を探る
2.セクシュアリティと教育研究の動向を探る
3.ジェンダーと教育に関する文献講読
4.ジェンダーと教育に関する文献講読
5.セクシュアリティと教育に関する文献講読
6.セクシュアリティと教育に関する文献講読
7.セクシュアル・マイノリティと教育における問題
8.セクシュアル・マイノリティと教育における諸問題の解決を探る
9.学校教育におけるジェンダー教育の課題について考える
10.各自の研究関心とジェンダー、セクシュアリティの視点との交差を探る
11.各自の研究関心とジェンダー、セクシュアリティの視点との交差を探る
12.各自の研究関心とジェンダー、セクシュアリティの視点との交差を探る
13.各自の研究関心とジェンダー、セクシュアリティの視点との交差を探る
14.生涯発達・ライフサイクルとジェンダー、セクシュアリティを考える
15.現代社会におけるジェンダー、セクシュアリティと人間形成を考える

■履修上の注意

ジェンダー、セクシュアリティをめぐる諸問題を考えることは、じぶんを生きることと直結しています。そして、人間を研究するうえで、視野が広がることを期待します。

■授業方法

-

■評価方法

発表内容を中心に、小レポートを加味して成績評価する。

■授業テーマ

教育におけるジェンダー、セクシュアリティに関する事例研究

■授業の到達目標/育成する能力

人間形成や教育という営みにおけるジェンダー、セクシュアリティに関連する基礎的な理解と近年の研究動向を理解する。また、現代社会におけるジェンダーやセクシュアリティをめぐる諸問題を解決するための志向性や態度を養う。

■教科書

なし

■参考書

授業内に提示する。

■WEBページ

-

 
 
ページTOPへ