椙山女学園大学 人間関係学部(人間関係学科・心理学科)/大学院 人間関係研究科 オープンキャンパス@NISSHIN
  • オープンキャンパス@NISSHIN TOP
  • オープンキャンパス@NISSHINのすべて
  • 人間関係学部で学んで
  • オープンキャンパス@NISSHINポスター集
 
オープンキャンパスの詳細をご案内 オープンキャンパス@NISSHINのすべて

日程

■第1回 2009年7月26日(日)

■第2回 2009年8月22日(土)

※事前の予約は不要ですのでご都合の良い時間におこしください。

 全体説明会

■両学科共通 09:40~10:00,12:10~12:30 ※7月・8月共通

 AOオリエンテーション

■両学科共通 10:10~10:30,14:10~14:30 ※7月・8月共通

 学科説明会

■両学科共通 10:40~11:00,13:40~14:00 ※7月・8月共通

模擬授業

■人間関係学科

[7月26日(日)]
11:10-11:50
体験・人間関係トレーニング
吉田あけみ 先生

人間関係力はわたしたちが生活していくために、いつでもどこでも必要とされる力です。その能力を高めるためのトレーニングを行います。楽しく簡単なワークなので、みなさん気軽に参加してください。

12:50-13:30
「自立すること」と「人と関わること」
田中節雄 先生

人間が生きていく上で「自立すること=人から離れること」と「人と関わること=人に近づくこと」はどちらも非常に大切な課題です。矛盾した二つの課題に私たちはどう立ち向かうべきなのか? いや、そもそも二つの課題は本当に矛盾しているのか? そんな問題を一緒に考えましょう。

[8月22日(土)]
11:10-11:50
誕生から始まるひととの出会い
井上まり子 先生

お母さんの胎内から生まれ出た赤ちゃんは,まだ歩くこともできず,話すこともできません。しかし,さまざまな研究から,赤ちゃんにはいろいろな能力があることが分かってきました。この授業では,生後1年間の子どもの発達と人間関係について話をしていきます。

12:50-13:30
社会福祉って何だろう?
中尾友紀 先生

社会福祉と聞いて何を思い浮かべますか?高齢者や障害者の介護?子どもの虐待?この授業では、社会福祉の考え方の基本を理解し、今のみなさんにできる社会福祉の実践について考えます。

■心理学科

[7月26日(日)]
11:10-11:50
記憶はウソをつく
増井透 先生

自分が自分であるために、記憶は極めて重要です。でもその記憶は本当に正しいのでしょうか。記憶のもろさ(すごさ)を、簡単な心理実験で体験してみます。そして、そうした記憶が人生においてはたす意味を考えてみます。キーワード:無意識の記憶、記憶変容、目撃証言、自分史

12:50-13:30
心の進化 -カブトムシに心はあるか-
五百部裕 先生

皆さんは心を持っていますか?ではカブトムシに心はあるでしょうか?心、言葉、高い知能…。私たち人間に固有だと思われる特徴の多くは、進化によって獲得されたのです。この講義ではこうした特徴がどのように進化してきたかを紹介します。

[8月22日(土)]
11:10-11:50
コミュニケーションの不思議
西出弓枝 先生

言葉を話してもうまく伝わらない場合、表情や行為で伝わる場合の例をあげながら、コミュニケーションの不思議な世界を覗いてみましょう。子供の発達にコミュニケーションが果たす役割についても考えてみましょう。

12:50-13:30
呼びかける、触れる、出会う
三井悦子 先生

「おはよう」とあなたに呼びかける。その声は音となって運ばれていき、あなたに届いたときに始めて言葉となって、あなたの中でいのちがともる。あなたが触れる。触れているそのぬくもりは、触れられているようでもあり、あたたかい。このような関係性を皆で学びあいたい。

学部トップへ オープンキャンパス@NISSHIN 教員からのメッセージ 本学助教授 西出弓枝 在校生4名にインタビュー