• オープンキャンパス@NISSHIN TOP
  • オープンキャンパス@NISSHINのすべて
  • 人間関係学部で学んで
 
  • オープンキャンパス@NISSHIN TOP
  • ラララの秘密
  • これまでの開催記録
 

人間関係学部で学んで

憧れだった椙サバの活動と社会福祉士への道。
自由な環境の中で全力を尽くすことができました。

高校までは共学の学校に通っていたので、女子大は正直なところ少し敬遠していました。でも、色々な大学のオープンキャンパスを回った中で、人間関係学部のオープンキャンパスが学生も先生も一番楽しそうで、印象的でした。特に人間関係学科は椙サバの活動にも魅力を感じましたし、興味があった社会福祉の勉強ができることもわかりました。それからは人間関係学部一本。AO入試を受験して、人間関係学科に入学しました。

 

1、2年は福祉系の授業をはじめとして人間関係に関わる様々な学問を勉強し、3年生からは椙サバと障害者施設でのヘルパーの仕事の二つが生活の中心になっています。椙サバでは様々な企画の実施に向けて提案したり議論をしたりする中で、リーダーシップについて考えたり、まさに人間関係を学んだりしていますし、ヘルパーの仕事では障害者の方の生活介助をさせていただきながら、自立支援の現場を日々勉強させていただいています。

 

今振り返ると、女子大に、というか日進キャンパスに通えて本当に良かったと思います。友達にも先生にも恵まれたし、自由な環境の中だからこそ、椙サバの活動にも、ヘルパーの仕事にも全力を尽くせているような気がしています。卒業後は、引き続きヘルパーの現場で経験を積みながら、社会福祉士の資格を目指したいと思っています。長続きしているのが自分でも意外ですけど、入学前からの目標ですからね。

オープンキャンパスがきっかけで人間関係学科を選択。
今は学生スタッフとして高校生に魅力を伝えています。

椙山は高校受験の時からの憧れでした。高校のオープンキャンパスに参加した時に、女子校だけどオープンな雰囲気で、明るくて楽しそうで、私もここで生活してみたいなって思いました。当時は通学時間を考えて地元の高校を選びましたが、入学当初から大学こそは絶対に椙山に入りたいと思っていました。私は国立受験コースに所属していたのですが、2年生ぐらいから先生に「指定校推薦を下さい」って何度も頼んで。熱意が通じたのか、人間関係学科の指定校推薦を無事貰うことができました。

 

人間関係学科を選んだのは、オープンキャンパスの時に、先輩から夏休みに子供たちと野外で触れ合う実習の話を聞いたのがきっかけでした。実は私は高校1年から3年間椙山のオープンキャンパスに通っていて、このときは確か高校2年だったと思います。将来の仕事を考えるとき、人と接する仕事、それも身近な人を笑顔にできるような仕事がいいなって考え始めたころで、子供たちの笑顔が作れるその実習に私も絶対に参加したい!って思ったのです。

 

今はその夢がかなって、知多市内の小学生が夏休みに集まる「プレイスペース」という取り組みに参加しています。子どもたちと一緒に遊びながら、というよりも遊んでもらいながら、子育て環境について勉強しているところです。それから、オープンキャンパスの学生スタッフも続けています。入学の決め手がオープンキャンパスだったわけですから、人間関係学科の良さを、今度は私が高校生にアピールしているのです。

心理学を通して得られる新たな発見。
そしてそれを人間関係の中で実感しています。

高校生の時には、どんな学部に進みたいか、あまりはっきりしていなかったような気がします。ただ、人の心には興味がありました。先生とか、友達とか、今何を考えているのだろうって。人の心は無視することのできない大きな存在で、そこに何かしら傾向や法則があるのなら知りたいなって。そんなことを漠然と考えていたことが、心理学科を選ぶきっかけになったと思います。

 

実際に心理学を学んでみると、これがとっても楽しいのです。例えば、2年で履修した心理学実験では、無意識も反映される「性格検査」を通して新たな自分を発見することができたり、高校時代に受けた「内田クレぺリン検査」の疑問が解けたり。それからケースメソッドで履修している産業心理学では、ワークモチベーションの大切さを感じることができて、この授業で学んだことは将来自分が就職したときに是非生かしていきたいと思っています。

 

授業の内容ももちろんですが、人間関係学部の良いところに先生たちとの距離が近いってことがあると思います。分からないことがあったらすぐに相談に行けるし、先生達も親身になって相談に乗ってくださる。日進キャンパスは、ちょっと大きな高校みたいな感じですね。その中で、授業で学んだことを実際の人間関係で実感していく。そんなかけがえのない日々を送っています。

心の病を抱えた友人を前に大学院進学を決意。
今は心理学の奥深さを感じながらメンタルトレーナーを目指しています。

大学時代はとにかくゴルフ三昧の日々を送っていて、中部の新人戦で優勝したこともありますし、一時はプロゴルファーになりたいとも思っていました。臨床心理学科(現心理学科)を選んだのもゴルフに役立つかもしれないって考えたからだったと思います。ゴルフはメンタルなスポーツですからね。

 

ただ、やはりプロゴルファーはなかなか狭き門で、卒業後はカーディーラーに入社しました。私が入った年は、ちょうど高級路線な新ブランドの立ち上げの時で、そのブランドのお店に新人で唯一、オープニングスタッフとして配属されました。同僚にもお客さまにも恵まれて、仕事は楽しかったですし、やりがいもあったのですが、いつからか、自分がいなくても会社は回っていくんじゃないかと思うようになったのです。そんな時に友人が心の病を抱えて、私は心理学を学んでいたのに何の役にも立てないことがとても歯がゆくて。それで、もう一度大学院で心理学を学び直そうと決意しました。

 

入学前は、自分より若い学生の間で学ぶことに不安がありました。でも、実際に大学院に入学してみると、周りには幅広い世代の様々な経験を持った社会人入学生がいて、心理学を学ぶのに遅すぎるということはないって思えるようになりました。心理学は改めて学びなおすと奥が深いですし、人生経験が生きてくる場面もありますからね。終了後は臨床心理士の資格を取って、まずは臨床現場で経験を積み、いずれはアスリートを心の面から支えていけるようなメンタルトレーナーになりたいと思っています。

学部トップへ オープンキャンパス@NISSHIN