Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 
最終更新日: 2017-07-19

株本   千鶴  [ かぶもと   ちづる ]

写真:株本 千鶴
教授

メッセージ:

これまで韓国をフィールドとした地域研究と、大学生のとき以来関心をもっている終末期医療に関する研究を社会学的観点からおこなってきました。最近は、韓国研究においては特に社会福祉/社会保障に焦点を当てていますが、どうじに終末期医療や高齢者福祉との接点を探りながらホスピス・緩和ケアの研究も進めています。韓国には25年ほど前に2年間、ソウル大学に留学した経験があります。外国を知ることによって日本のことがさらによく観察できるということは、身をもって分かった事実です。本学部では社会福祉に関連した科目を担当していますが、講義やゼミでは学生の皆さんとより広い視野に立って、日本および世界における社会福祉の問題にアプローチしていけるような工夫をしていきたいと考えています。

URL:

-
 

■最近の研究テーマ

・韓国の福祉国家化に関する歴史社会学的研究
・韓国の社会保障制度構築における知識人の関与に関する研究
・企業福祉の国際比較研究
・日韓のホスピスケア、ターミナルケア、終末期医療、緩和医療・ケア

■研究業績

《論文》
  1. 「第8章 地域研究と福祉国家論―韓国を通してみる「比較」の方法と課題―」、金成垣編『現代の比較福祉国家論―東アジア発の新しい理論構築に向けてー』ミネルヴァ書房、pp.107~136、2010
  2. 「14 死の受容 キューブラー=ロス『死ぬ瞬間』」、井上俊・伊藤公雄編『身体・セクシュアリティ・スポーツ 社会学ベーシックス⑧』世界思想社、pp.137-146、2010
  3. 「第6章 韓国―国家福祉の代替から補完へ」、末廣昭編『東アジア福祉システムの展望―7カ国・地域の企業福祉と社会保障制度』ミネルヴァ書房、pp.174-210、2010
  4. 「衛生局技術官僚の特性—官僚制における専門性について」、副田義也編『内務省の歴史社会学』東京大学出版会、2010
  5. 「病いの社会学」、藤村正之編『いのちとライフコースの社会学』弘文堂、pp.41~53、2011
  6. 「テーマ別研究動向(死の社会学)」、『社会学評論』63(2)、pp.302‐311、2012
  7. 「韓国における高齢者の所得保障」、『社会科学研究』第63巻5・6号、pp.55~81、2012
  8. 「緩和ケア病棟で働くということ」、『シリーズ福祉社会学[2] 闘争性の福祉社会学』東京大学出版会、pp.173‐194、2013
  9. 「韓国における協同組合の法制化―経済と社会の構想に関する一考察」、東京大学社会科学研究所リサーチシリーズNo.56『東アジアの雇用・生活保障と新たな社会リスクへの対応』pp.99~114、2014
  10. 「研究ノート:欧米社会における「ホスピスの医療化」研究の動向と展望」、『いのちの未来』1:75-99、2016
《著書》
  1. 『ホスピスで死にゆくということ――日韓比較からみる医療化現象』、東京大学出版会,2017年3月
《報告書》
  1. 「第5章韓国:高齢者対策と生命保険業」、『東アジアの生活保障システム:高齢者対策と生命保険業』(平成20年度~平成22年度科学研究費補助金 基礎研究B 研究成果中間報告書 研究代表 末廣昭)、pp.115~147、2010
  2. 「建設官僚の生態と戦後建設行政」、『戦後日本における内政体制の研究』(平成21年度~平成23年度科学研究費補助金 基礎研究A 研究成果報告書:研究代表 副田義也)、pp.103~110、2012
《その他》
  1. 「韓国の医療保障と自己負担」、『健保連海外医療保障』No.96、pp.17-25、2012
  2. 「東日本大震災・津波遺児家庭調査―2013年1月―」(共著)、『参加と批評』第7号、pp.169~191
  3. 「ホスピス・緩和ケアの現状」、福祉社会学会編『福祉社会学ハンドブック』中央法規、pp.160~161、2013
  4. 「韓国における医療費対策の動向」、健保連海外医療保障』No.99、pp.21~29、2013
  5. 「韓国の健康増進対策の現状と課題」、『健保連海外医療保障』No.102、pp.23~30、2014
  6. 「社会保険制度―成熟期に向かう四大社会保険制度」など、石坂浩一・福島みのり編『現代韓国を知るための60章』(明石書店)、2015

■担当科目

高齢者福祉論、社会福祉論など

■社会的活動又は学会活動

日本社会学会、福祉社会学会、日本社会福祉学会、現代韓国朝鮮学会、韓国朝鮮文化研究会、仏教看護・ビハーラ学会、「宗教と社会」学会、日本死の臨床研究会など

■担当講義

科目名 学科 学年 開講期
人間論3人関・心理1前期
ファーストイヤーゼミ人関1前期
人間関係の諸相A人関1後期
社会福祉論A人関1前期
社会福祉論B人関1後期
高齢者福祉論人関1前期
社会福祉論A心理1前期
社会福祉論B心理1後期
高齢者福祉論心理1前期
ケースメソッドI人関・心理3前期
ケースメソッドII人関・心理3後期
卒業論文人関4通年
福祉と人間関係人関1後期
基礎演習人関2後期
社会福祉論I人関・心理1前期
社会福祉論II人関1後期
高齢者福祉論人関・心理1前期
社会調査実習I人関・心理3前期
社会調査実習II人関・心理3後期
相談援助実習人関3通年
高齢福祉社会論特講大学院1前期
事例研究II大学院1後期
 
ページTOPへ