Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 
最終更新日: 2017-07-19

田村   雅夫  [ たむら   まさお ]

写真:田村 雅夫
教授

メッセージ:

本学で教育にたずさわって二十数年の歳月が流れました。その間、個性的な様々な学生さんとゼミなどの教育活動を通してともに考え学ぶという貴重な時間を共有できたことは大切な体験でした。今後もできるだけ多くの学生さんとそうした時間をもちたいと思いますし、それが大学で教える醍醐味であろうと思っています。ただ、近年、気になることがひとつあります。それは学生さんの関心が、年々、狭くなっているように思えることです。本学部では人間関係がテーマとなっているわけですが、多くの学生さんにとって人間関係とは結局のところ自分とみじかな人との関係であり、そこからより広い人間関係へはなかなか関心が広がってゆかないように思えるのです。しかし我々の生活は周りの人たちだけでなくより広い様々な人間関係によって支えられています。わたしの専門は社会学ですので、そうした広がりを捉える視野の養成がますます重要な使命であると感じています。

URL:

-
 

■最近の研究テーマ

最近の研究活動はほぼ三つの局面に渡っている。ひとつは地域住民の地域との主体的関わりを規定する要因を生活意識やライフスタイルに焦点を当て分析する地域社会学的研究である。第二は地方分権の流れを踏まえて同様の焦点化による地域社会の政治的社会的行動様式や社会構造の分析を試みる政治社会学的研究である。最後にこれらの方法論的基礎を固める理論的研究として社会意識論的アプローチの、行為論を基軸とする理論的再構成を試みている。

■研究業績

《著書》
  1. 地域計画の社会学、昭和堂、pp.18-37、2005
  2. 地方自治の社会学、昭和堂、pp.100-113、2006
  3. 闘う地域社会〜平成の大合併と小規模自治体〜、ナカニシヤ出版、2010

■社会的活動又は学会活動

日本社会学会、日本教育社会学会、地域社会学会、関西社会学会

■担当講義

科目名 学科 学年 開講期
人間論1人関・心理1前期
人間論2人関・心理1前期
人間論3人関・心理1前期
ファーストイヤーゼミ人関1前期
人間関係論A1人関・心理1前期
人間関係論A2人関・心理1前期
ケースメソッドI人関・心理3前期
ケースメソッドII人関・心理3後期
演習I人関・心理3後期
演習II人関・心理3前期
卒業論文人関・心理4通年
社会の理論心理2前期
人間関係論II人関・心理1前期
人間関係論III人関・心理1前期
基礎演習人関2後期
社会の理論人関2前期
生活意識論人関2後期
人間関係論II(社会学的研究)大学院1前期
社会調査演習I大学院1前期
事例研究II大学院1後期
 
ページTOPへ