Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 
最終更新日: 2017-07-19

平野   順雄  [ ひらの   よりお ]

写真:平野 順雄
教授

メッセージ:

-

URL:

-
 

■最近の研究テーマ

◆最近の研究テーマ
『マクシマス詩篇』踏査
20世紀なかば、アメリカ詩に革命を起こした詩人チャールズ・オルソン(Charles Olson, 1910~1970)畢生の大作『マクシマス詩篇』(The Maximus Poems)の日本語翻訳作業を通して、『マクシマス詩篇』全編を踏査し、詩法の原理を探り、その精髄を究明する。この営みと並行して、「開かれた詩」の理念と行方を探る。
『マクシマス詩篇』翻訳がようやく完成し、出版の運びとなった。2012年のことである。始めてから20年近くかかった翻訳である。
 オルソンの詩論を中心にオルソン著『わが名はイシュマエル』、 『ミュソロゴス』、『人間の宇宙』などを読解を通し、オルソンの詩的宇宙がどのようなものであったのかを、論文および翻訳によって明らかにする。

■研究業績

《論文》
  1. 天国の設計---エズラ・パウンドの「後期」詩篇---、椙山女学園大学研究論集第35号人文科学編(2004年)、87頁―125頁
  2. 「アメリカ文学の古典を読む会」(2004年8月)で、John Dos Passos, Manhattan Transfer 発表、
  3. 途切れる漸近線―Robert Creeley, Words試論―、名古屋大学英文学会誌、IVY、第39号、2007
  4. チャールズ・オルソン著『ミュソロゴス』―「詩と真実」について―、椙山女学園大学人間関係学部『人間関係学研究』第10号、41‐54頁。、2012
  5. チャールズ・オルソン著『ミュソロゴス』読解―「歴史について」―、『椙山女学園大学研究論集』第44号、人文科学篇、81‐95頁。、2013
  6. 「図書館員」における殺害と赦し―チャールズ・オルソン著『ミュソロゴス』読解―、文学と評論社、『文学と評論』第3集・第9号、29‐43頁。、2013
  7. 師と教え子との対話―チャールズ・オルソン著『ミュソロゴス』読解―、名古屋大学英文学会、IVY第46号、23‐47頁。、2013
  8. チャールズ・オルソン著『ミュソロゴス』読解―「マッシュルームの下で」―、椙山女学園大学人間関係学部『人間関係学研究』第11号、33‐57頁。、2013
  9. チャールズ・オルソン著『ミュソロゴス』読解―「気軽な神話学」について―、『椙山女学園大学研究論集』第45号、人文科学篇。73‐89頁。、2014
  10. チャールズ・オルソン著『ミュソロゴス』読解―「バークリーでの朗読」―、椙山女学園大学人間関係学部『人間関係学研究』第12号、63‐92頁。、2014
  11. チャールズ・オルソン著『ミュソロゴス』読解―「1968年8月、グロスターでのインタヴュー」―、『椙山女学園大学研究論集』第46号人文科学篇 69-85頁。、2015
  12. ブラック・マウンテン回顧録―チャールズ・オルソン著『ミュソロゴス』読解―、椙山女学園大学人間関係学部『人間関係学研究』第13号、95-120頁。、2015
  13. 「都市」グロスターとその問題―チャールズ・オルソンとハーバート・A・ケニーの対談より―、『椙山女学園大学研究論集』第47号 人文科学篇 43‐62頁。、2016
  14. ロゴスと神話―チャールズ・オルソン「人間の宇宙」覚え書き―、椙山女学園大学人間関係学部『人間関係学研究』第14号、35-48頁。、2016
《著書》
  1. 亀井俊介と読む古典アメリカ小説12、アメリカ文学の古典を読む会編。南雲堂刊。全381頁。共著。、2001
  2. 文学と評論社編『未来へのヴィジョン・英米文学の視点から』、英潮社、2003年10月。担当箇所、263頁―276頁
  3. 土岐恒二・児玉実英監修『記憶の宿る場所---エズラ・パウンドと20世紀の詩---』、思潮社、2005年10月。担当箇所、98頁‐113頁。共著。
  4. 語り明かすアメリカ古典文学12、アメリカ文学の古典を読む会編。南雲堂刊。全381頁。共著。、2007
  5. Ivy Never Sere、音羽書房鶴見書店、2009年3月発行。滝川睦他編。共著。全557頁。英文。
  6. モダンにしてアンチモダン―T.S.エリオットの肖像、高柳俊一他編、研究社刊、2010年11月。共著。
  7. Letters for Olson、New York: Spuyten Duyvil, 2016年発行。共著。
  8. 英米文学における父の諸変奏―安田章一郎先生百寿記念論集—、鈴木俊二他編、英宝社刊、2016年3月、共著。
《翻訳》
  1. ドクター・スースの素顔~世界で愛されるアメリカの絵本作家、彩流社刊、坂本季詩雄(京都外国語大学教授)との共訳。全437頁。、2007
  2. チャールズ・オルソン著『マクシマス詩篇』、南雲堂刊。個人訳。全1468頁。、2012
《その他》
  1. <訳注式>英語詩演習 Charles Olson, ‘The Snow’ ---楽園の喪失---、「英語青年」(研究社)2006年5月号40頁‐41頁
  2. アメリカンドリームの影に、中日新聞、2007年9月21日、夕刊、文化欄

■社会的活動又は学会活動

日本英文学会、日本アメリカ文学会、日本T. S. エリオット協会、日本エズラ・パウンド協会(理事)会員

■担当講義

科目名 学科 学年 開講期
文学人関・心理1前期
外国語(英語A)2人関・心理1前期
外国語(英語A)4人関・心理1前期
外国語(英語B)2人関・心理1後期
外国語(英語B)4人関・心理1後期
外国語(英語C)3人関・心理2前期
外国語(英語D)3人関・心理2後期
ケースメソッドI人関・心理3前期
ケースメソッドII人関・心理3後期
卒業論文人関・心理4通年
外国語(英語A)2人関・心理1前期
外国語(英語A)4人関・心理1前期
外国語(英語B)人関・心理1前期
外国語(英語C)2人関・心理1後期
外国語(英語C)4人関・心理1後期
外国語(英語D)人関・心理1後期
外国語(英語E)3人関・心理2前期
外国語(英語F)人関・心理2前期
外国語(英語G)3人関・心理2後期
外国語(英語H)人関・心理2後期
思想と文学人関・心理2前期
英語圏の文化と人間人関・心理2後期
 
ページTOPへ