2004年1月アーカイブ

ドイツ文学者の池内紀が現代思想の2004年1月号2月号で同じくドイツ文学者の関口在男(つぎお)を評伝的に取り上げている。どんな人物か知らなかったので、ネットで検索してみたところ、「2ch」で会話が交わされていることがわかった。茶々を入れる人もいるのだが、会話はそれを無視して進み、情報がふくらんでいくことがわかり、「2ch」的知識集積の方法やネット市民民主主義の様子がわかり、大変興味深かった。「2ch」はある一定期間がすぎるとURLはアーカイヴィングされるようで、そのうち消えるかもしれないが、とりあえず以下に残すことにする。
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/gogaku/1001251936/78-177
池内のエッセーで興味深いことは、もう一つ。関口は父が軍人と言うこともあって、旧制中学を2年で退学し大阪陸軍幼年学校へ入学し、「ドイツ語組」に配される。そして、かれはドイツ語習得を決意し「丸善」で出来るだけ分厚いドストエフスキーの「罪と罰」のドイツ語版(レクラム文庫)を購入、一から丸憶えを始める。学校でほんの少し学びはじめだから語彙や文法が理解できるはずもないのだが、時間を惜しんで覚え込んでいくと、やがて、ふとしたことでわかり始め、やがてはかれは「語学の天才」の名をほしいままにするようになる。ドイツ語に続いてフランス語、ラテン語・・・。
池内は、文中、かのトロイ発掘のシュリーマンも同様の語学学習をおこなったと書いている。この文を書こうと思ったきっかけは、池内でも、関口でも、「2ch」でもなく、実は、シュリーマンの思い出なのだ。子供の頃(たぶん小学校だろう)、シュリーマンの伝記を読んで感激したことがあった。たしか言語学習の極意がわかったような気がして、何語かの本(たぶん英語)を読み出そうとして、ツケで本の購入の許しが出ていた本屋(確か、栗林書店)にいって購入、両親に自慢げに話した。しかし、3日坊主で挫折してしまった。そう、苦い思いを懐かしく思い出したのだ。

予算消化

年度末が近づいてくると恒例行事のように予算消化が始まる。今頃まで予算が残っているというのも奇妙な話なのだが、しかし、結構そういうことになる。そこで、年度末までに(というよりも、もっと前に事務上の締め切りがある訳だから、それよりも早い)予算を使い切ろうと言うことになってくる。
大学の予算も去りながら、行政の予算執行は年度末になると道路工事が増えて道路が渋滞するなどと言うのは、最たるものであろう。必要なことは予算消化であって、目的にかなうかどうかではない。財務省も研究を進めているようで、英国・ニュージーランドそしてオーストラリアがその研究対象のようである(
http://www.mof.go.jp/jouhou/soken/kenkyu/zk053.htm)。だが、「 本報告書の内容や意見は全て執筆者個人に属し、財務省あるいは財務総合政策研究所の公式見解を示すものではありません」と書いてあるには笑ってしまった。
確かに、オーストラリアの方が、たとえばアニュアルレビューほかによる情報開示が進んでいて、また、エージェンシー化が進んでいる。大学も予算の一律15%カットがあって機構改革をしたのは5−6年も前のことだ。我が日本は、ようやく平成16年度当初に国立大学法人が出発にこぎ着けた。私立大学への余波はもうすでにやってきているのだが、我が大学は、どう対処するのだろうか。

Alliance1.1

Alliance1.1がリリースされました。Allianceは科研費をいただいて開発している親族データベースと家系図作成ソフトです。このバージョンは、現時点ではWindowsおよびMacOSXのみがダウンロードが可能です。
主な変更点は、以下の3点です。
(1)任意の年を指定し、家系図の表示や個人の年齢が表示できるようになった。
(2)トレースルートで、探し当てたルートがリストアップされ、選択して表示できるようになった。
(3)Windowsユーザは、ログインが自動化できるようになった。
そのほか、様々な変更点があります。また、Alliance1.0ですでにデータベースを作成している方は指示に従って、データを移行してください。なお、ダウンロードは、以下のサイトから可能です。まだ未登録の方でも、ユーザ登録の後、ダウンロード可能です。ぜひアクセスしてみてください。
http://study.hs.sugiyama-u.ac.jp/alliance/jsp/

プロフィールと主な業績のファイル更新をずいぶん長く放ってあったのだが、トップページを作り直したことをきっかけにさわっていこうと思う。URLは以下の通り。
プロフィール:http://www.hs.sugiyama-u.ac.jp/~sugitos/profile.html
主な業績:http://www.hs.sugiyama-u.ac.jp/~sugitos/cv.html

ACADEMIC RESOURCE GUIDE

ACADEMIC RESOURCE GUIDEのリンク先は以下の通り。
http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/

政府の統計情報

統計データ・ポータルサイト:http://portal.stat.go.jp/運営は総務省統計局(政府広報オンライン:http://www.gov-online.go.jp/の統計情報版)。

統計GISプラザ:http://gisplaza.stat.go.jp/

お知らせ

杉藤のウェッブページのトップを改訂します。MovableTypeを使ってweblogの体裁で再出発します。

狩人の大地

弘文堂の出版になる「文化人類学文献事典」のために文章を編んだので、以下に掲載しておく。
<--- 以下本文 --->

小山修三(1939-)
『狩人の大地:オーストラリア・アボリジニの世界』雄山閣、1992

 本書は、国立民族学博物館(以下、民博)の特別展「オーストラリア・アボリジニ展:狩人と精霊の5万年」(1992年9月10日から12月8日)の開催を契機に、著者がそれまで出版してきた諸論文を集め、新たに書き下ろしをくわえて出版したものである。
 オーストラリア・アボリジニは人類学の教科書ならたいていのものに言及があるくらいよく知られているが、どういう訳か日本の文化人類学者による本格的なフィールドワークは見られなかった。著者は、1980年に民博の資料収集を行い、そして、1982年に初めて文部省科学研究費補助金(当時)を得て、本格的な住み込み調査を行って、それ以降、民博を中心にアボリジニの研究グループを組織することになったのである。
 アボリジニの調査は、本書でも述べられているように著者の縄文研究者としての必要に端を発している。現代に生きる狩猟採集社会としてのアボリジニ社会を解明することによって、縄文時代の生活に想いをはせようとしたのであった。しかし、著者の思いと違い、人口規模は小さく縄文とは異なっていた。また、現代社会との様々な軋轢のさなかにいるアボリジニたちの姿を見て、著者の関心は大きく展開していくことになる。
 本書は大きく3部に分かたれている。第1部はアボリジニを取り巻くオーストラリアの環境と歴史である。豊かな自然とその中で生きる狩猟採集民の生活が、植民地開始とともに、大きく変化することになった歴史が記述される。第2部は住み込み調査に基づくアボリジニの現代の暮らしが描かれている。親族中心の社会構成や食事、英語など、アボリジニの生活を彷彿とさせる筆致で描かれる。第3部では、貨幣経済や政治に関連づけた諸項目があげられ、アボリジニ社会が抱える、現代的諸問題が提起される。
 都市に住むアボリジニたちは、都市社会における下層に組み込まれ、失業やアイデンティティ喪失に悩む。また遠隔地のアボリジニたちも、アイデンティティの問題はともかくも、貨幣経済の中で生きていくことには変わりはなく、失業や経済手段の確保に悩まされることになる。
 本書は、現在においてもなお、日本の文化人類学によるアボリジニ研究を概観するものとして、また、アボリジニを取り巻く諸問題に取り組むにあたっての入門書として適していると思われる。

Black Civilization

弘文堂の出版になる「文化人類学文献事典」のために文章を編んだので、以下に掲載しておく。
<--- 以下本文 --->

ウォーナー、ロイド Warner, William Lloyd(1898-1970)
Black Civilization : A social study of an Australian tribe : Harper & Row, 1937 (Peter Smith, 1969)

 本書は、オーストラリア北東部アーネムランドに居住する「ムルンギン」の社会生活、特に、親族構造、トーテミズム、呪術などの詳細な民族誌である。
著者のウォーナーは1926年から29年にかけて通算3年間、アーネムランドのミリンギンビに滞在し、その成果として本書を書き上げた。彼はカリフォルニア大学バークレー校在学中ローウィやクローバーの教えをうけ、1926年にはマリノフスキーの集中講義を受講、ラドクリフ=ブラウンの示唆を受けてフィールドワークを開始した。ウォーナーが調査を開始した1926年は、マリノフスキーとラドクリフ=ブラウンの著書が出版され、民族誌をコアとする「現代人類学」の発端となった年でもあったのである。
 本書の重要なポイントは、アボリジニの複雑な親族システムの議論について、新たな論点をもたらしたことである。それは、アボリジニ親族組織のカリエラやアランンダ等における対称システムに対して、ムルンギンの非対称システムの解釈についてである。レヴィ=ストロースやラドクリフ=ブラウン、ニーダム、デュモン、リーチらを巻き込んでいわゆる「ムルンギン論争」を引き起こし、親族理論論争の格好の素材になったのである。その後も、現代に至るまで角度を変えつつ研究者(Morphy、窪田ら)の関心を集めているテーマである。
 なお、ウォーナーのいう「ムルンギン」とは、本書の中で述べられているが「他称」であって、その後、かれらの名称についてはウランバ(Wramba, R.M. Berndtによる)、ミニュイット(Mymuit, W. Shapiroによる)などもあげられたが、現在ではヨルング(Yolngu=人間)とするのが一般的である。
 著者のウォーナーは、興味深い人生をたどった。前半生は人類学者として、後半生は社会学者としてのそれである。文化人類学の手法を社会学のコミュニティ研究に適用し、合衆国における階層研究および社会調査に道を開くことになった。
[参考文献]窪田幸子,親族の基本構造を生きる:「ムルンギン」の現在,青木ほか編「岩波講座文化人類学:個からする社会展望」,岩波書店,159-196,1997. Morphy, Haward, Ancestral Connections : art and an Aboriginal system of knowledge, Univ. Chicago Press,1991.レヴィ=ストロース,C.,親族の基本構造(上・下),番町書房,1977. Warner, W. Lloyd, American Life: Dream and Reality, Univ. Chicago Press,1962.

年末に原武史の『鉄道ひとつばなし』を読み始めた。日本の鉄道に関わるショートストーリーをつづったもので講談社のPR誌『本』に連載していたものだという。ストーリーは時間から始まる。どのように人々は近代を受け入れたのか、鉄道という近代の乗り物を受け入れるとともに時間というシステムをも受け入れてゆく。読み進むうち、天皇や皇太子の行幸・行啓のところで、彼が『大正天皇』の著者でもあることに気がつき、それもあわせてよみすすむことになった。読了は、後者の方が早くなった。
大正天皇は世間でとかくの噂のある天皇であったが、議会における「遠めがね」事件はわたしも知っている。彼は、幼児より病弱であったが、行啓を重ねるにつれて健康を取り戻す。偉大な父であり神格化されていた明治天皇に対し皇太子は疑問に思ったことは素直に口に出し、行動する。ある意味で全く異なる天皇像を自ら造り出していくかに見えた。しかし、大正時代はある種近代日本の確立期でもある。彼の明治天皇との関係や自らの国民との関係における天皇像が果たして明確な意志からそのように振る舞ったのか全く明確ではないが、明らかに、現代に通じる象徴天皇の姿の皓歯でもあったとも言える。そして、昭和天皇は父である大正天皇とは対照的に明治天皇を意識しつつ、昭和時代の新たな神格化された天皇を演じてゆく。
これらの著作は、著者自身の個人的な鉄道に関する強い関心と、彼の個人的なキャリア(日経新聞記者として昭和天皇の崩御に至る報道に携わった)に関連して、キャリアを近代史家へと方向転換して、近代日本の姿を天皇をとおして描こうとしたものである。久しぶりに興味深く眺めることができた本であった。
2003『鉄道ひとつばなし』(講談社現代新書)
2000『大正天皇』(朝日選書)

このアーカイブについて

このページには、2004年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2004年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。