英語圏PCにおける日本語入力

8月22日に日本を出発し9月4日までの予定でオーストラリアに来ている。それで、いつも、オーストラリアにおけるPC操作の日本語化の問題について、曖昧な教え方をしているので、メモを残しておく。
さらに、今日、9月1日、実際に仮の管理者権限をもらって日本語を使えるようにしたので、修正しておく。
英語圏Windowsマシンを日本語化する方法。WindowsXPに限定した話で、かつ、マシンにはランゲージパックなるものがインストールされていること(たぶんフルインストールすれば入るはず)、という条件である。管理者権限で準備をする必要がある。もしくは管理者によって、セッティングを変更できるように準備されている必要がある。

1:「Start」から「Settings」を選ぶ。
2:その中の「Regional and Language options」を選ぶ。
3:「Language」タブを選ぶ。この中で、「supplemental language support」の「Install files for Eastern Asian languages」がクリックされていないなら、これをクリックする。クリックされておれば、後は簡単。次の手順に進む。
4:同じセクションの「text services and input languages」の「details」を選択する。
5:「Install services」のなかで「add...」を選び、現れてくる「Input language:」のプルダウンメニューの中から「Japanese」を見つけて「OK」をクリックする。
6:さらにもう一度「OK」をクリックする。
デスクトップに戻ると一番下のステータスバーのなかに「EN」という文字が見えているはずなので、これを左クリックする。プルダウンメニューが出てくるので、「Japanese」をえらび、今度はステータスバーに「JP」の文字が見えているはずなので、この右にAの文字が見える。この文字を右クリックすると入力方法がローマ字でプルダウンメニューに現れる。一番上が「HIRAGANA」とでているので、それをえらぶ。
これで、通常日本語の「ローマ字入力かな漢字変換」ができるはずである。
もし、そのマシンが日本人以外の所有物なら、以上の逆の過程をたどって、英語専用に戻してあげるといいだろう。あるいは、一番下の「JP」を左クリックして、「EN」に戻してあげるだけでもよいだろう。

このブログ記事について

このページは、杉藤重信が2004年8月27日 22:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スパムメール対策」です。

次のブログ記事は「文献調査」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。