読書の最近のブログ記事

ドイツ文学者の池内紀が現代思想の2004年1月号2月号で同じくドイツ文学者の関口在男(つぎお)を評伝的に取り上げている。どんな人物か知らなかったので、ネットで検索してみたところ、「2ch」で会話が交わされていることがわかった。茶々を入れる人もいるのだが、会話はそれを無視して進み、情報がふくらんでいくことがわかり、「2ch」的知識集積の方法やネット市民民主主義の様子がわかり、大変興味深かった。「2ch」はある一定期間がすぎるとURLはアーカイヴィングされるようで、そのうち消えるかもしれないが、とりあえず以下に残すことにする。
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/gogaku/1001251936/78-177
池内のエッセーで興味深いことは、もう一つ。関口は父が軍人と言うこともあって、旧制中学を2年で退学し大阪陸軍幼年学校へ入学し、「ドイツ語組」に配される。そして、かれはドイツ語習得を決意し「丸善」で出来るだけ分厚いドストエフスキーの「罪と罰」のドイツ語版(レクラム文庫)を購入、一から丸憶えを始める。学校でほんの少し学びはじめだから語彙や文法が理解できるはずもないのだが、時間を惜しんで覚え込んでいくと、やがて、ふとしたことでわかり始め、やがてはかれは「語学の天才」の名をほしいままにするようになる。ドイツ語に続いてフランス語、ラテン語・・・。
池内は、文中、かのトロイ発掘のシュリーマンも同様の語学学習をおこなったと書いている。この文を書こうと思ったきっかけは、池内でも、関口でも、「2ch」でもなく、実は、シュリーマンの思い出なのだ。子供の頃(たぶん小学校だろう)、シュリーマンの伝記を読んで感激したことがあった。たしか言語学習の極意がわかったような気がして、何語かの本(たぶん英語)を読み出そうとして、ツケで本の購入の許しが出ていた本屋(確か、栗林書店)にいって購入、両親に自慢げに話した。しかし、3日坊主で挫折してしまった。そう、苦い思いを懐かしく思い出したのだ。

年末に原武史の『鉄道ひとつばなし』を読み始めた。日本の鉄道に関わるショートストーリーをつづったもので講談社のPR誌『本』に連載していたものだという。ストーリーは時間から始まる。どのように人々は近代を受け入れたのか、鉄道という近代の乗り物を受け入れるとともに時間というシステムをも受け入れてゆく。読み進むうち、天皇や皇太子の行幸・行啓のところで、彼が『大正天皇』の著者でもあることに気がつき、それもあわせてよみすすむことになった。読了は、後者の方が早くなった。
大正天皇は世間でとかくの噂のある天皇であったが、議会における「遠めがね」事件はわたしも知っている。彼は、幼児より病弱であったが、行啓を重ねるにつれて健康を取り戻す。偉大な父であり神格化されていた明治天皇に対し皇太子は疑問に思ったことは素直に口に出し、行動する。ある意味で全く異なる天皇像を自ら造り出していくかに見えた。しかし、大正時代はある種近代日本の確立期でもある。彼の明治天皇との関係や自らの国民との関係における天皇像が果たして明確な意志からそのように振る舞ったのか全く明確ではないが、明らかに、現代に通じる象徴天皇の姿の皓歯でもあったとも言える。そして、昭和天皇は父である大正天皇とは対照的に明治天皇を意識しつつ、昭和時代の新たな神格化された天皇を演じてゆく。
これらの著作は、著者自身の個人的な鉄道に関する強い関心と、彼の個人的なキャリア(日経新聞記者として昭和天皇の崩御に至る報道に携わった)に関連して、キャリアを近代史家へと方向転換して、近代日本の姿を天皇をとおして描こうとしたものである。久しぶりに興味深く眺めることができた本であった。
2003『鉄道ひとつばなし』(講談社現代新書)
2000『大正天皇』(朝日選書)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち読書カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは映画です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。