ぼやきの最近のブログ記事

杉藤研究室では、ここしばらくの課題として、図書の整理があります。これは、年来の課題なのですが、ようやく、整理の8割ができたところで、お願いしていたアルバイトの方がやめてしまったので、なんとか、これを維持し、最後までやり遂げるのが課題です。
今までにやってもらってきたことは、図書館ラベルのついて書籍の返却、書架ごと番号をふって、配架されている書籍の書誌情報とともに配架番号を記入してエクセルにデータベースを作成する。新規に購入などして研究室に持ち込んだ書籍を配架番号とともにデータベースに記録してその書架に配本する。
最終ステップは、エクセルデータをウェッブ上のデータベースとして公開する、ということなのですが。

現実は、机の上に山積みのまま、と行ったところです。なんとかしなくちゃ!

新学期

短かった春休みも、入試や中国出張で吹っ飛び、余裕なく、新学期に突入してしまった。4月8日から授業が始まっている。
ケースメソッドと演習を「ブログ」形式のBBSにしようかと考え準備をしたのだが、これまで通りのものにすることにした。接続先は以下の通りだが、ユーザ名とパスワードがないと読み書きできないようにしてある。
http://www.hs.sugiyama-u.ac.jp/~sugitos/classbb/
また、このページの右欄に「クラス掲示板」というリンクを作った。

予算消化

年度末が近づいてくると恒例行事のように予算消化が始まる。今頃まで予算が残っているというのも奇妙な話なのだが、しかし、結構そういうことになる。そこで、年度末までに(というよりも、もっと前に事務上の締め切りがある訳だから、それよりも早い)予算を使い切ろうと言うことになってくる。
大学の予算も去りながら、行政の予算執行は年度末になると道路工事が増えて道路が渋滞するなどと言うのは、最たるものであろう。必要なことは予算消化であって、目的にかなうかどうかではない。財務省も研究を進めているようで、英国・ニュージーランドそしてオーストラリアがその研究対象のようである(
http://www.mof.go.jp/jouhou/soken/kenkyu/zk053.htm)。だが、「 本報告書の内容や意見は全て執筆者個人に属し、財務省あるいは財務総合政策研究所の公式見解を示すものではありません」と書いてあるには笑ってしまった。
確かに、オーストラリアの方が、たとえばアニュアルレビューほかによる情報開示が進んでいて、また、エージェンシー化が進んでいる。大学も予算の一律15%カットがあって機構改革をしたのは5−6年も前のことだ。我が日本は、ようやく平成16年度当初に国立大学法人が出発にこぎ着けた。私立大学への余波はもうすでにやってきているのだが、我が大学は、どう対処するのだろうか。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちぼやきカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはつれづれです。

次のカテゴリはエッセーです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。