Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

人間論3

担当者 五百部 裕株本 千鶴佐川 佳之田村 雅夫西出 弓枝藤原 直子増井 透三浦 隆宏・三田 有紀子・向井 一夫山口 雅史李 敏子
学科 人関・心理
学年 1
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 金曜日 4時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

オムニバス形式で講義を行う。
【自校教育】(3回):自校史・教育理念「人間になろう」について学ぶ。
【キャリア教育】(4回):「大学では何を学ぶのか?どう学ぶのか?それを人生にどう活かすのか?」を考え、大学での学びの出発点とする。「自分はどんな人間になる?」を考え、キャリア教育の出発点とする。
【学問的人間論】(7回):様々な学問領域から見た「人間」の特徴・特色・問題・独自性等について学ぶ。学問的人間論のうち1回は「食と人間」をテーマとする。

■授業計画

1.ガイダンス(授業概要等説明)
2.【自校教育1】
3.【自校教育2】
4.【自校教育3】
5.【キャリア教育1】
6.【キャリア教育2】
7.【キャリア教育3】
8.【キャリア教育4】
9.【学問的人間論】社会福祉と人間
10.【学問的人間論】こころの不思議
11.【学問的人間論】発達と人間
12.【学問的人間論】社会と人間
13.【学問的人間論】人間の複数性
14.【学問的人間論】食と人間
15.【学問的人間論】臨床心理と人間

■履修上の注意

多角的に考えを深めることが期待される科目です。
この機会に「大学で何を学ぶか、どう生きるか」をもう一度、考えてみてください。

■授業方法

-

■評価方法

授業態度30%、自校教育35%、学問的人間論35%で評価する。

■授業テーマ

椙山女学園大学で学ぶことの意義、自校教育、大学での学び、キャリア教育、学問的人間論

■授業の到達目標/育成する能力

椙山女学園の教育理念「人間になろう」では、教育を通しての人間完成を目指している。本科目は、教育理念を具現化することを目指し、学生自身の可能性を開発し、将来の生き方についての見識を培うことを目的とするものである。
【自校教育】
 椙山女学園の歴史を学び、教育理念「人間になろう」を理解する。椙山の歴史や人物にふれ、椙山に対するアイデンティティ・誇りを獲得する。
【キャリア教育】
 「未来予想図」と大学生活・大学での学修とのつながりを理解する。 自分の将来像を意識し、自分の「未来予想図」実現のために必要なものを考え、自己分析・自己客観化をし、自らを客観的に評価できるようになる。
【学問的人間論】
 様々な学問領域から見た「人間」の特徴・特色・問題・独自性等を理解するとともに、多様な人間の側面を理解し、「人間への興味」を高める。学問的人間論のうち1回は「食と人間」をテーマとし、食育についての基礎的知識を理解し、自らの食を考え直す。

■教科書

授業内で適宜紹介する。

■参考書

授業内で適宜紹介する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ