Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

哲学

担当者 三浦 隆宏
学科 人関・心理
学年 1
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 金曜日 1時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

考える(=思考)とはどういう営みか。考えることは悪を抑制することにつながるのか。考えないこと(=思考の欠如)とはどういうことか。的確な判断力を身につけるにはどうしたらよいか。こういった問題について、ハンナ・アーレントの思想を参照しながら考えてゆく。

■授業計画

1.「哲学」には〈愛〉が欠けている
2.思考は何でないか
3.思考の本質:「一者のなかの二者」
4.思考とメタファー
5.凡庸な悪と思考の欠如という問題
6.同上
7.思考に道徳性を期待できるか
8.思考の閉鎖性について
9.同上
10.規定的判断と反省的判断
11.同上
12.観客とはどういう存在か
13.共通感覚=共同体感覚について
14.同上
15.授業のまとめ

■履修上の注意

授業中の私語、うつぶせ寝、および携帯機器類の使用は(例外的に認める場合を除いて)厳禁なので注意すること。
受け身で学ぶのではなく、能動的に自ら学ぶことを心がけてください。

■授業方法

-

■評価方法

授業への参加状況40%(授業内での発言を重視する、また小レポートを課す場合がある)、期末のレポート60%、以上を合算して評価する。

■授業テーマ

思考・道徳性・判断について考える

■授業の到達目標/育成する能力

哲学的な問いおよび思考とはどういうものであるのかを理解し、自分自身でも問いを立ててそれについて考え、その過程を文章にして論述できるようになること。

■教科書

指定しない

■参考書

ハンナ・アレント『責任と判断』ちくま学芸文庫
ほか、授業中に適宜紹介する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ