Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

文学

担当者 冨田 和子
学科 人関・心理
学年 1
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 月曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

『武家の女性』には、幕末の水戸藩の下級武士の家に生まれ育った女性の思い出話を元に、武士の家庭と女性の日常の暮らしが、テンポのよい美しい文章でいきいきと描き出されている。本講義では、主に日常の生活の中で見落とされがちな生活者の美意識を汲み取っていく。

■授業計画

1.ガイダンス、はしがき 
2.お塾の朝夕
3.主婦の日々
4.手習い子として、課題レポートについて
5.お縫子として
6.きもの
7.身だしなみ
8.食べもの
9.すまい
10.遊びごと
11.親類のおばさんたち
12.結婚と離婚
13.子年のお騒ぎ
14.受難時代
15.維新と女性

■履修上の注意

日本文学に関心をもつ学生の受講が望ましい。教科書、ノート類を忘れないように持参する。/
難しい言葉や時代背景を解説していくが、興味をもった事項は積極的に調査してほしい。また、音読の際には楽しんでほしい。

■授業方法

-

■評価方法

課題レポート(50%)と平常点(授業態度・小課題の提出)(50%)で評価する。レポート課題の内容、提出方法は、4回目の講義内で説明する。

■授業テーマ

『武家の女性』をよむ

■授業の到達目標/育成する能力

日常生活の中で見落とされがちな日本人の美意識を汲み取ることができる。

■教科書

山川菊枝『武家の女性』岩波文庫

■参考書

授業内で適宜紹介する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ