Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

心理

担当者 小嶋 理江
学科 人関・心理
学年 1
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 火曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

心理学は、世間一般では、少々誤解されている学問であるといえる。本講義では、心理学とは何なのか、何を対象とし、何を研究しているのかを解きほぐし、より専門的心理学の知識を噛み砕いて受講者に提供する。

■授業計画

1 オリエンテーション(心理学の学び方)
2 心理学とはなにか①- 印象形成(認知的経済性とステレオタイプ)
3 心理学とはなにか②- まがいもの心理学(素人理論の一つの代表例、血液型性格学)
4 心理学とはなにか③- 心理学の定義と歴史(心理学が対象としているもの、科学の仕方)
5 みる- 知覚の不思議(錯視、研究例や応用例)
6 きく・ふれる- 感覚のはたらきと環境への適応(環境への適応に関する感覚の重要性)
7 感じる- 感情と欲求のはたらき(動機づけと欲求)
8 苦しむ- 社会的行動とこころの健康・異常(フラストレーション、耐性、葛藤)
9 まなぶ①- 動機づけと学習(学習の定義と古典的条件付け)
10 まなぶ②- 行動獲得のメカニズム(オペラント条件付け、効果的反応制御)
11 まなぶ③- 経験なしでの学習(模倣学習、観察学習)
12 わかる①- 社会の中の個人(原因帰属と達成目標、やる気)
13 わかる②- 社会の中の個人(自己呈示、他者との関係、認知的不協和理論、セルフ・モニタリング)
14 心理学の応用①- 環境デザインと防犯環境設計(防犯環境設計の基礎理論)
15 心理学の応用②- 素人理論と合理的選択理論(犯罪認知件数、暗数、性犯罪神話)

■履修上の注意

分かり易いようで分かり難い心理学であるが、多くの事例を一緒に考えることで、身近に心理学が溢れていることを感じ取り、毎週の授業だけではなく、日頃の些細なことから、心理学の目をもって考えてもらいたい。

■授業方法

-

■評価方法

試験と講義内における小レポート、および受講態度を踏まえて総合的に評価する。
試験70%、講義内小レポート30%
講義内における小レポートでは、講義中に学んだことを理解し、さらに新たに発見したことや考えたこと等、記述内容を評価する。
まとめテストでは、身近な事例を取り上げ、心理学的視点から分かり易く説明することができるかを評価の対象とする。

■授業テーマ

心理学の幅広い各分野から主要な心理学の基礎的知識を学ぶ。

■授業の到達目標/育成する能力

・心理学が何を対象とし、どのように「こころ」を科学しているのかをまず理解する。
・身近に心理学が溢れていることを感じ取り、社会に対し心理学が果たしている役割を理解する。

■教科書

講義中に資料等を配布する。

■参考書

無藤隆・苧坂直行・倉光修著 『心理学とは何だろうか』 新曜社
桐生正幸編著 『基礎から学ぶ 犯罪心理学研究法』 福村出版

■WEBページ

-

 
ページTOPへ