Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

人類学

担当者 五百部 裕
学科 人関・心理
学年 1
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 水曜日 1時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

この講義では、人類の生物的特徴のいくつかを、生物として逃れようのない進化という観点から講義する。具体的には、人類の形態的進化についての紹介や直立二足歩行の獲得をめぐるいくつかの仮説の妥当性の検討、さらには、狩猟・肉食行動、道具使用など人類に見られるいくつかの特徴の起源と進化についての解説を行う。

■授業計画

1.自然人類学とは
2.人間の系統的位置づけ
3.霊長類の進化
4.類人猿の登場
5.アウストラロピテクス類Ⅰ:初期人類の特徴
6.アウストラロピテクス類Ⅱ:その多様性
7.ホモ属の特徴
8.現代人の登場
9.人類進化の理論Ⅰ:狩猟仮説と採集仮説
10.人類進化の理論Ⅱ:エネルギー効率仮説
11.道具使用行動の進化Ⅰ:類人猿の道具使用
12.道具使用行動の進化Ⅱ:進化の道すじ
13.狩猟・肉食行動の進化Ⅰ:類人猿の狩猟・肉食行動
14.狩猟・肉食行動の進化Ⅱ:進化の道すじ
15.まとめ

■履修上の注意

私たち人類は、どのように進化して、今ここにいるのでしょう? この講義を受講することで、人類のたどってきた歩みを知り、それが自分自身を見つめ直すきっかけになってくれればと思います。

■授業方法

-

■評価方法

レポートあるいは筆記の形式で行う定期試験の成績(80%)と小レポートの内容(20%)

■授業テーマ

人間(人類)の生物学的理解

■授業の到達目標/育成する能力

人類の進化について知るとともに、人類の生物学的特徴を理解する。

■教科書

指定しない

■参考書

片山一道・五百部裕他・『人間史をたどる:自然人類学入門』・朝倉書店

■WEBページ

-

 
ページTOPへ