Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

担当者 村林 聖子
学科 人関・心理
学年 1
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 火曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

中学校や高校での校則や交通ルールなど、法は私たちを縛りつけるものであると意識する場面が多いが、法は日々の暮らしを成り立たせているものでもある。
私たちの日々の暮らしに法がいかに関係しているかを認識し、その意味を理解してほしい。

■授業計画

1.イントロダクション:講義の概要、講義の進め方、成績評価の方法など
  法と社会 (1)運転免許と交通事故:日々の暮らしと法の関わりについて、自動車運転免許と交通事故を例に挙げる。
2.(法と社会 (1)の続き)
3.法と社会 (2)法の分類:公法/私法/公私混合法
4.法と社会 (3)近代法と現代法:公法/私法という区別の意味
5.法と強制 (1)刑罰:犯罪に対する制裁
6.法と強制 (2)行政罰と行政処分:行政法上の義務違反に対する制裁
7.法と強制 (3)強制執行、損害賠償:私人間の紛争解決方法としての強制
8.法と強制 (4)「運転免許と交通事故」の例に戻り、理解を確認する。また関連する新聞記事なども検討する。
9.法と裁判 (1)裁判:刑事・民事・行政の区分
10.法と裁判 (2)刑事裁判:刑事裁判
11.法と裁判 (3)民事裁判:民事裁判
12.法と裁判 (4)行政裁判:行政裁判
13.法と裁判 (5)裁判外紛争解決:調停・仲裁・和解、ADR
14.法と裁判 (6)裁判員制度
15.まとめ:講義全体のまとめ

■履修上の注意

特になし/
私たちの日々の暮らしに法がどのように関係しているのか関心を持ってください。

■授業方法

-

■評価方法

レポート(期末)による。第14回の講義時に試験問題を提示し、第15回の講義時に質問等を受け付ける。基本的な理解とともに法的思考を評価する。
評価はレポート(100%)による。

■授業テーマ

法とは何か

■授業の到達目標/育成する能力

1.日々の生活や社会と法との関係について概観することができる。
2.様々な出来事や活動の法的意味を理解することができる。

■教科書

なし

■参考書

適宜指示する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ