Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

日本国憲法

担当者 鈴木 晃
学科 人関・心理
学年 1
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 月曜日 4時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

憲法の存在意義である立憲主義的な考え方を理解することからはじめ、主権・人権・平和主義が本当は何を意味するのかを知ってもらう。基本的には前文・天皇・戦争放棄・人権・統治機構の順に講義を進めていくが、これらの憲法規定の背景には、権力を持つ者はそれを濫用する傾向があるというモンテスキュー以来の国家観があることを教授する。

■授業計画

1.憲法は何のためにあるのか-立憲主義的憲法観の説明
2.誰が憲法を守るのか-立憲主義の具体的事例の検討
3.法の番人としての憲法Ⅰ-法令審査権の意義
4.法の番人としての憲法Ⅱ-憲法訴訟の具体的事例の説明
5.ただの宣伝文句か-前文の意義(前文を使って裁判できるのでなければその意義はないのではないか)
6.天皇制から見えてくるもの-天皇の行為と皇位の継承
7.すべてのはじまり-戦争放棄に解釈の幅はあるのか(集団的自衛権承認は戦争前夜なのか)
8.悪人にも人権-死刑存廃論とデュープロセス論(生命は絶対的に保障されるのかを31条の問題との関係で考える)
9.男18、女16。婚姻年齢が違うのはなぜ-社会的役割分業の残滓
10.再婚を待つのは女だけ-民法の待婚期間は平等原則違反なのか
11.姓の変更は女の幸せ?-夫婦別姓(婚姻は女性に姓の変更を迫るという社会的実態をどう考えるか)
12.頭の中まで会社人間-思想・良心の自由(三菱樹脂訴訟と私人間効力)
13.宗教に生きるか剣に生きるか-宗教の自由(エホバの証人剣道授業拒否事件)
14.将来の生活を考えてはいけない-生存権(生活保護費の貯金はできるのか)
15.自分の命は誰のもの-生命の自己決定権の問題

■履修上の注意

講義内容や連絡事項など、Webに掲載しますので、逐一チェックするようにしてください。/
憲法で学んでいただきたいのは、国家の本質と人権感覚です。前者は権力の濫用の可能性で、後者は少数者の価値観をどこまで守るのかということです。これらを理解すると、社会の見方が一変し、視野が広くなります。

■授業方法

-

■評価方法

小テスト(40%)、期末試験(60%)

■授業テーマ

立憲主義的な憲法理解と人権保障の意味

■授業の到達目標/育成する能力

憲法が何のためにあるのかを理解し、国家権力の本質について深く考える態度を育む。また、憲法で規定された人権規定の意味を考え、多数決原理にはなじまない人権のあり方について理解する。

■教科書

尾崎・鈴木『憲法入門講義第2版』法律文化社

■参考書

なし

■WEBページ

-

 
ページTOPへ