Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

社会

担当者 吉田 あけみ
学科 人関・心理
学年 1
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 金曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

現代社会における様々な社会現象を、社会学的に分析する。特に家族・地域・ジェンダーなどの身近な問題を中心に扱う。現代社会における諸問題を客観的に読み解いた上で、当事者性を持って問題解決の方法を考え、自らの問題解決能力を身につけることが、本講義の目的である。

■授業計画

1.イントロダクション
2.社会学とは何か
3.家族をめぐる社会学
4.地域をめぐる社会学
5.メディアと情報化をめぐる社会学
6.階級・階層をめぐる社会学
7.インナートリップとしての社会学
8.ジェンダーとセクシュアリティ
9.国際社会とエスニシティ
10.社会運動・NPO・ボランティア
11.いろいろな社会学
12.社会学の歴史1(西欧世界の社会学史)
13.社会学の歴史2(日本の社会学史)
14.社会学の歴史3(ジェンダー社会学史)
15.まとめ

■履修上の注意

ワークなどについて積極的に取組んでください。/
日々のニュースに、関心をもってください。

■授業方法

-

■評価方法

筆記試験(80%)と小レポート(20%)で評価する。

■授業テーマ

社会学入門

■授業の到達目標/育成する能力

社会現象を客観的に読み解く眼を養う。

■教科書

宇都宮京子編『よくわかる社会学』ミネルヴァ書房

■参考書

授業時に適宜指示する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ