Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

環境の科学

担当者 田代 喬
学科 人関・心理
学年 1
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 金曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

陸に降った水は川に集まり、海まで運ばれる一方、海で蒸発した水蒸気は上空で雲を形成し、雨(雪)をもたらす。この水循環の中で、私たちは淡水資源をさまざまな形で利用してきた。
河川、湖沼などにおける身近な「水環境」は、人間生活と密接な関係にあることから、今日、さまざまな形での環境問題が顕在化している。
本授業では、源流から干潟まで幅広いフィールドにおける水環境を対象とし、座学を通じて身近な水に関するさまざまな現象と環境問題について学ぶ。
また、フィールドワークショップでは、施設見学で身近な水環境を疑似体験したうえで、ワークショップでは参加者相互のディスカッションにより自ら問題を見出し、解決策を考えることにより、環境問題を理解する思考体系を育む。

■授業計画

1.水循環(ガイダンスを兼ねる)
2.川と湖(教科書1章)
3.流域から渓流へ(教科書2章)
4.地下水(教科書4章)
5.河川中流域(教科書5章)
6.上下水道(教科書6章)
7.水田(教科書7章)
8.都市の水(教科書8章)
9.河口域(教科書9章)
10.干潟と内湾(教科書10章)
11.水環境問題(教科書3章、12章)
12.水問題にかかわる法規と制度(教科書11章)
13.水環境の保全と修復(総括、教科書1~12章)
※上記いずれかの授業テーマは、学外施設にてその内容をフィーチャリングしたフィールドワークショップにより実施する(週末の1日を利用(授業3回分に振り替え))。

■履修上の注意

S*mapの授業支援システムを利用して資料配布、アンケート実施、レポート提出を実施することがあるので、各自の携帯端末などでもアクセスできるようにしておくことが望ましい。
フィールドワークショップは、水環境を(疑似)体験することができ、また、参加者相互の主体的なディスカッションを介して環境問題を理解する思考体系を養う良い機会であるため、参加を強く推奨する。/
毎回のミニレポートは、授業開始時に課して終了時に提出することを基本とし、ワークショップは複数の参加者間でのディスカッションを中心に進める。積極的な受講を期待する。

■授業方法

-

■評価方法

毎回のミニレポート(計30%、授業時に提出)と課題ごとのレポート(計70%)により評価する。

■授業テーマ

身近な水の環境科学

■授業の到達目標/育成する能力

環境問題を正しく理解するためには、深く、幅広い知識を身につけることが必要となる。本授業では、生活に身近な真水(淡水)の環境科学に関する学習を通じ、水環境に関する理解を深めるとともに、環境問題を理解する思考体系を育むことを目指す。

■教科書

日本陸水学会東海支部会編集(2010):『身近な水の環境科学―源流から干潟まで―』,朝倉書店

■参考書

日本陸水学会編集(2011):『川と湖を見る・知る・探る:陸水学入門』,地人書館
日本陸水学会東海支部会編集(2014):『身近な水の環境科学[実習・測定編]―自然の仕組みを調べるために―』,朝倉書店など

■WEBページ

-

 
ページTOPへ