Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

外国語(ドイツ語I)1

担当者 長谷川 淳基
学科 人関・心理
学年 1
開講期 前期
単位数 1 単位
開講日 前期 月曜日 1時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

ドイツ語の勉強を「アインス、ツヴァイ、ドライ……」から開始し、ドイツ語の初歩を身に付けます。
昔あるところに、ひとりの大学新入生がいた。彼は大学生になれて幸福だった。もう受験勉強もしなくていい、大学の授業はサボればいい、趣味の山登りのことだけ考えていればいい、将来は趣味を生かした職業、と考えていた。怠け者だったこの学生は、選択したドイツ語の成績は当然のことながら落第!その怠け者だった学生は、遅ればせながらドイツ語の楽しさと、学ぶ意義を知り、現在は大学でドイツ語を教えている。
モットー:本物の価値を追及する

■授業計画

1 はじめに ドイツ語の発音 アー、ベー、ツェー。「おはよう!」は Guten Morgen!
2 1-1 「こんにちは!私の名前はナナよ」
3 1-2 ナナは日本人、ドイツに留学中 
4 1-3 すべての始まりは動詞
5 ドイツの映画を見る。ウィーン少年合唱団ものがたり「野ばら」
6 2-1 「ダニエル、お願いがあるのだけど」
7 2-2 ダニエルはナナに大学のキャンパスを案内する
8 2-3 「机」は男性、「バッグ」は女性 ??
9 3-1 「私の家族を紹介するわ!」
10 3-2 ナナはダニエルに家族の写真を見せる
11 3-3 ドイツの「ジャガイモのケーキ」 
12 4-1 「週末、ドレスデンへ旅行に行こう!」
13 4-2 ナナはリーザ、ヤーン、ダニエルとドレスデンへ行く
14 4-3 「~できる」、「~するつもり」は助動詞が必要
15 まとめ

■履修上の注意

特になし/
モットー:通じるドイツ語!ドイツ語を自分のものにしていきます。一生涯の自分のしあわせを想像して、今ドイツ語を確実に自分のものにしてください。楽しみは無限です。

■授業方法

-

■評価方法

平常点(4割)と定期試験(6割)

■授業テーマ

ドイツ語の基礎

■授業の到達目標/育成する能力

ドイツ語の基礎をマスターする。

■教科書

ドイツに行ってみませんか 〈Ver. 3〉  (郁文堂)

■参考書

独和辞典 (通常の辞書。電子辞書は推薦しない。)

■WEBページ

-

 
ページTOPへ