Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

スポーツ実習A

担当者 石田 直章
学科 人関・心理
学年 1
開講期 前期
単位数 1 単位
開講日 前期 金曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

健康を享受し、何事にも積極的に取り組むことができる心身を獲得するためには、運動・スポーツの実践が不可欠である。そこで本授業は、健康と運動の関係の理解を深めると共に、スポーツの科学的背景や基礎的技術の修得ならびに健康・体力の自己診断をねらいとする。
本科目は、学生の健康の維持・増進を目的として設定されている。心身共に充実する学生期間の身体活動は極めて大切である。本講座では、トレーニング科学や運動生理学を基礎として、スポーツに親しみ楽しむことも含めた実技種目を設定している。具体的には、硬式テニスを実技種目として実施する。授業は、硬式テニスの基礎的なテクニックやルールの説明、ダブルスの試合を系統立てて行う予定である。本授業によって学生が、身体活動の重要性を認識し、主体的に運動に取り組むようになることを期待している。

■授業計画

1.イントロダクション
2.身体ならし 
3.技術練習(グランドストローク:フォアハンド)
4.技術練習(グランドストローク:バックハンド)
5.技術練習(ボレー・フォアハンド)
6.技術練習(ボレー・バックハンド)
7.技術練習(サーブ)
8.ルールの説明
9.ダブルスゲーム(ルールを覚えよう)
10.ダブルスゲーム(フォーメーションを覚えよう)
11.ダブルスゲーム(模擬試合)
12.ダブルスゲーム(審判の仕方を覚えよう)
13.ダブルスゲーム(相手を変えて試合をしよう)
14.ダブルスゲーム(試合)
15.授業のまとめ

■履修上の注意

「スポーツ実習A」は、この「テニス」のほかに前期に「卓球」「ボディ・アウェアネス」、後期に「バレーボール」「バドミントン」「ゴルフ」が開講されている。これら6コースの中から1つを選択履修する(必修)。なお、希望者が多数の場合は抽選によって受講者を決定する。
授業時の服装は指定した物を必ず使用すること。
/良好な状態で運動ができるように、いつも健康に留意して下さい。

■授業方法

-

■評価方法

積極的に授業に臨む姿勢(60%)、ゲームへの参加状況(20%)に加えて授業の最後にレポートの提出を予定している(20%)。

■授業テーマ

硬式テニス

■授業の到達目標/育成する能力

「スポーツ実習A]は、生涯にわたる健康と豊かなスポーツライフの創造への志向性を高め、その方法と技術を獲得することを目的として複数のコースが開講されている。
この「硬式テニス」のコースは、技術を習得し、ダブルスゲームを楽しめるようにする。健康・体力について運動との関係を理解する。

■教科書

なし

■参考書

なし

■WEBページ

-

 
ページTOPへ