Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

スポーツ実習A

担当者 大島 悠
学科 人関・心理
学年 1
開講期 後期
単位数 1 単位
開講日 後期 水曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

バレーボールのルールや用具の使用法、基本的なパス、サーブとレシーブまたスパイクなどを習得したのちに、様々な形式で試合を行えるようにする。また実践を通じて、協調性の大切さを実感し、チームワークを高めるための有効な手段を見つける。

■授業計画

1.ガイダンス
2.道具の使用法
3.基礎練習①(オーバーハンドパス・アンダーハンドパス)
4.基礎練習②(サーブ・レシーブ)
5.基礎練習③(サーブ・レシーブからトス・スパイクにつなげる練習)
6.基礎練習④(スパイクレシーブからトス・スパイクにつなげる練習)
7.実践練習①(ラリーポイント制での実戦練習)
8.実践練習②(サーブ権制での実戦練習)
9.ゲーム①(リーグ形式)
10.ゲーム②(トーナメント形式)
11.チームの再編成
12.ゲーム①(リーグ形式)
13.ゲーム②(リーグ形式)
14.ゲーム③(トーナメント形式)
15.実技テスト

■履修上の注意

大学生活も半年が過ぎ、少し慣れてきましたか?この授業ではバレーボールのスキルアップはもちろん、スポーツを通じて協調性の大切さや、色々な手段でのコミュニケーションがあるということを味わってください。

■授業方法

-

■評価方法

積極的な授業への参加と実践(70%)、スキルテスト・チームワーク(30%)

■授業テーマ

「バレーボール」のスキルアップとコミュニケーションスキルを高める

■授業の到達目標/育成する能力

バレーボールはレシーブ・トス・アタックを繰り返し行う、チームスポーツの代表ともされるスポーツである。特にレシーブやトスの技能を習得することが重要となり、ボールをつなぐ、フォローするといったレシーブやパスに関するプレイがバレーボールの楽しさのみならず、親和性や協調性も実感できる。本授業ではバレーボールの基礎技能及び知識を習得するとともに、スポーツを通じてチームワークの大切さや楽しさを知り、コミュニケーションスキルも高める。

■教科書

-

■参考書

-

■WEBページ

-

 
ページTOPへ