Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

スポーツ実習A

担当者 木村 華織
学科 人関・心理
学年 1
開講期 後期
単位数 1 単位
開講日 後期 木曜日 4時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

バドミントンの基本的なショット及びルールの習得を目指すとともに,シングルス・ダブルス・団体戦のゲームを行うことで,仲間とのチームプレーの面白さを味わうことができるよう授業を展開する。また,使用する用器具やルールを変化させるなど,様々な視点からバドミントンをはじめとするラケットスポーツの楽しみ方を考え,実践する。

■授業計画

1.オリエンテーション(授業の説明,ラケットやシャトルを使った身体運動)
2.ラケットとシャトルを用いた多様な身体運動の実践
3.基礎練習①(ラケットの持ち方,オーバーヘッド・アンダーハンドストローク,簡易ゲーム)
4.基礎練習②(サービス,ハイクリア,簡易ゲーム)
5.基礎練習③(ドロップショット,ヘアピン,スマッシュ,簡易ゲーム)
6.ゲーム①(ダブルスゲームの進め方,ダブルスゲームの実践)
7.ゲーム②(シングルスゲームの進め方,シングルスゲームの実践)
8.ゲーム③(トリプルスゲームのルール作りと実践)
9.振り返り(これまでの振り返りを行い,各自の課題に応じた練習・ゲームを行う)
10.障がい者スポーツとしてのバドミントンの紹介と実践
11.ゲーム④(ダブルスゲーム)
12.ゲーム⑤(シングルスゲーム)
13.ゲーム⑥(団体戦:ダブルス・シングルス・トリプルス)
14.ゲーム⑥(団体戦:ダブルス・シングルス・トリプルス)
15.スキルテスト

■履修上の注意

(履修上の注意)スポーツ活動を行うにふさわしい服装で参加すること。体育館シューズを準備すること。
(担当教員メッセージ)運動が苦手でも心配ありません。得手不得手よりも積極的に授業に参加することができる学生をのぞみます。本授業を通してこれまでとは異なるバドミントンの実施方法や身体を動かすことの心地よさ、仲間と共に協力しながら課題を達成することの楽しさを実感して下さい。

■授業方法

-

■評価方法

グループワークへの積極的な参加と取り組み(60%),スキル(20%),実践記録ノート(20%)によって評価する。

■授業テーマ

多様なバドミントンの楽しみ方を考える

■授業の到達目標/育成する能力

バドミントンの基本的な技術の習得及びルールに関する理解を深めるとともに,ラケットスポーツの楽しさや既存のルールにとらわれない多様な実践方法を学び・考え、自ら実践する能力を養う。

■教科書

特になし

■参考書

特になし

■WEBページ

-

 
ページTOPへ