Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

スポーツ実習B

担当者 三井 悦子
学科 人関・心理
学年 2
開講期 後期
単位数 1 単位
開講日 後期 金曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

サービス・スパイク・レシーブなどの個人技術の習得、さらに時間差攻撃などの連係プレイへの挑戦によって仲間との共同作業<ティームプレー>のおもしろさを味わうことができるよう授業を進める。

■授業計画

1.オリエンテーション
2.サービス オーバーハンドパスとアンダーハンドパス スパイク
3.個人技術上達へのティーム練習
4.連係プレイのためのティーム練習 レシーブからトス、スパイクへ
5.ゲーム形式でのティーム練習
6.ラリーポイント制ルールの面白さを体験する
7.サーブ権制ルールの面白さを体験する
8.新しいルールをつくる
9.リーグ方式によるゲーム
10.トーナメント方式によるゲーム
11.ティームの再編成
12.リーグ方式によるゲーム
13.リーグ方式によるゲーム
14.トーナメント方式によるゲーム
15.まとめ
受講生の状況に応じて、授業の内容や展開を入れ替えることがある。

■履修上の注意

「スポーツ実習B」は、この「バレーボール」コースのほかに、前期に「テニス」「卓球」「ボディ・アウェアネス」コース、後期に「バドミントン」「ゴルフ」コースが開講されている。これら6コースの中から1つを選択履修する(必修)。なお、希望者多数の場合は、抽選によって受講者を決定する。/
「攻撃は最大の防御なり」「防御は最大の攻撃なり」 からだでこれを理解しよう。

■授業方法

-

■評価方法

ティーム作りやゲーム作りへの積極的な参加と実践(70%)およびレポート(30%)によって評価する。

■授業テーマ

「バレーボール」コース

■授業の到達目標/育成する能力

「スポーツ実習B」は、生涯にわたる健康と豊かなスポーツライフの創造への志向性を高め、その方法と技術を獲得することを目的として複数のコースが開講されている。この「バレーボール」コースでは、既成のルールにとらわれず、ゲームをより白熱させ楽しむための独自のルールを考案したり、ティームつくりを進める中で、新しいスポーツを創出し楽しむことのできる心とからだの柔軟性を養う。

■教科書

指定しない。

■参考書

指定しない。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ