Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

人間関係論B2

担当者 安立 奈歩田中 節雄
学科 人関・心理
学年 1
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 水曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

目に見えないが確かに存在している人間の「心」の仕組みや働きを知り、人間関係を作るために必要な資質・能力とは何か、それらはどのように養われるか、などを学ぶ。

■授業計画

1.概要の説明
2.心理学における物の見方――複数の仮説を立てながら物を見る
3.心と身体――心身症,ストレス
4.無意識の働き――夢,失錯行為,コンプレックス
5.乳児期の発達
6.幼児期の発達と家族の機能
7.さまざまな心の病
8.臨床心理学を専門とする心理職の紹介
9.人間関係と人間の成長――人と関わる力は成長のなかで身についていく
10.集団の一員としての振舞い方①――集団を作ることのメリットとデメリット
11.集団の一員としての振舞い方②――最も大切な「リベラル」な態度
12.集団の一員としての振舞い方③――個人主義と集団主義
13.国家の一員として必要な資質の育成
14.学校で育成される資質
15.教育の視点からみた、現代日本の人間関係の課題

■履修上の注意

前半と後半で担当教員が異なるオムニバス形式の授業です。
受講生が大人数の講義ですので、自分のノートを作るなど工夫して、各自集中して受講してください。

■授業方法

-

■評価方法

受講態度、および2本のレポートの内容により総合的に評価する。

■授業テーマ

心理学・教育学の視点から見た人間関係の問題

■授業の到達目標/育成する能力

人間関係の問題を考えるうえで役に立つ心理学や教育学の基本的な知識や考え方を身につけ、自分なりの物事の見方を養う。

■教科書

大谷真弓・安立奈歩・河野伸子『改訂版 授業で使える心理学ワークブック』北樹出版

■参考書

授業内で適宜紹介する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ