Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

子ども論

担当者 中嶋 理香
学科 人関
学年 1
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 木曜日 1時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

胎児期・乳児期・幼児期前期・幼児期後期・児童期を中心とする。母親になること、父親になることの意味を考えながら、子どもの発達期における家庭環境・教育環境と現代的課題について学ぶ。さらに、子どもの行動・言動の具体的な姿を通して、子どもの発達する姿を捉えることを目指す。

■授業計画

1. オリエンテーション
2. 人間の子育ての特徴
3. 日本の社会と子育て
4. 日本の子育ての現状と課題:育児不安と母親支援・子育て支援
5. 日本の子育ての現状と課題:親になること
6. 子どもの変化:からだの使い方
7. 子どもの変化:食事と子ども
8. 胎児期の発達
9. 乳児期の発達:認知
10. 乳児期の発達:社会コミュニケーション
11. 幼児期前期
12. 幼児期後期
13. 子どものことばを通した発達
14. 子どもの絵を通した発達
15. まとめ

■履修上の注意

オリエンテーションで受講上の注意・評価・理解の深め方について連絡する。基本的な学習態度・約束を守ること。

■授業方法

-

■評価方法

平常点(30%)と期末試験(70%)。

■授業テーマ

子どもが育つ、子どもの育ちを支える環境

■授業の到達目標/育成する能力

子どもの発達・子どもを取り巻く社会を取り上げ、発達を踏まえたうえで子どもの今日的な状況を理解する。子どもと向き合う時に「子どもの視点」をもつことの重要性を学ぶことを到達目標とする。

■教科書

講義内で紹介する。

■参考書

講義内で紹介する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ