Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

公的扶助論

担当者 金 碩浩
学科 人関
学年 1
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 月曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

公的扶助は、社会保険などとともに社会保障制度を構成しており、その中でも最終的セーフティネットとしての機能を果たしています。そこで本講義は、貧困の概念や原因、貧困・低所得層の人々が直面している様々な問題(貧困の現状)を理解すること、貧困とその対策に関する歴史的展開過程を学ぶこと、そして生活保護などの公的扶助制度の仕組みや機能を理解すること、そして「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」の視点から貧困・低所得層対策(公的扶助制度)のあり方を考えることなどを内容とします。

■授業計画

1.オリエンテーション、今日における貧困・低所得の諸問題
2.貧困の概念
3.公的扶助の概念と範囲
4.イギリスにおける公的扶助制度の歴史
5.日本における公的扶助制度の歴史
6.生活保護制度の概要1(目的、原理・原則)
7.生活保護制度の概要2(保護の種類、保護の実施方法、生活保護基準)
8.生活保護制度の概要3(実施体制、被保護者の権利と義務)
9.生活保護制度における相談援助活動
10.生活保護制度における自立支援プログラム
11.生活保護の動向および課題
12.ホームレス支援の現状と課題
13.子どもの貧困の現状と課題
14.女性の貧困の現状と課題
15.公的扶助の国際動向-勤労連携福祉の視点から

■履修上の注意

・私語や携帯電話の使用など、迷惑行為は厳しく禁止します。
・貧困・低所得者の問題に関するマスコミの記事にも関心をもって読んで下さい。きっと公的扶助論の理解が深まるはずです。

■授業方法

-

■評価方法

期末試験(50%)、授業内での課題・小テスト(20%)、レポート(30%)から総合評価を行います。

■授業テーマ

貧困・低所得者の現状とその対策としての公的扶助制度

■授業の到達目標/育成する能力

「知識・理解」に関しては、①貧困・低所得の概念について具体的かつ総合的に説明できることと、②様々な公的扶助制度の機能や仕組みについて具体的かつ体系的に説明できることが、「思考・判断」に関しては、①今日における貧困・低所得問題について論理的に指摘できることと、②公的扶助制度の改革課題について論理的に指摘できることが、本講義の到達目標として挙げられる。

■教科書

教科書は、指定しません。

■参考書

・国家試験対策(社会福祉士)のためには、以下の図書が有用でしょう。
社会福祉学習双書編集委員会『公的扶助論―低所得者に対する支援と生活保護制度 (社会福祉学習双書)』全国社会福祉協議会(最新版)
社会福祉士養成講座編集委員会『低所得者に対する支援と生活保護制度(新・社会福祉士養成講座16)』中央法規(最新版)

■WEBページ

-

 
ページTOPへ