Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

高齢者福祉論

担当者 株本 千鶴
学科 人関
学年 1
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 木曜日 5時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

高齢者の生活実態とこれを取り巻く社会情勢、福祉・介護需要(高齢者虐待の実態、高齢者の地域移行や就労の実態、要介護高齢者の実態、認知症高齢者の実態など)、高齢者福祉制度の発展過程、相談援助活動について理解する。

■授業計画

1.高齢者の社会的理解・身体的理解(第1章第1節~第2節)
2.高齢者の精神的理解・総合的理解(第1章第3節~第4節)
3.少子高齢社会と社会的問題(第2章第1節)
4.高齢者を取り巻く諸問題(第2章第2節)
5.高齢者福祉の起源と生成(第3章第1節~第2節)
6.高齢者保健福祉制度の発展(第3章第2節~第3節)
7.老人福祉法(第4章第1節)
8.高齢者虐待防止法・その他の関係法規(第4章第3節~第4節)
9.介護保険制度の目的と理念・保険財政(第5章第2節~第3節)
10.保険者と被保険者(第5章第4節)
11.要介護認定の仕組みとプロセス・保険給付(第6章第1節~第2節)
12.介護報酬・地域支援事業(第6章第3節~4節)
13.介護保険事業計画・サービスの質を確保するための仕組み(第6章第5節~第6節)
14.介護支援専門員・居宅サービス(第7章第1節~第2節)
15.施設サービス・介護予防サービス・地域密着型サービス(第7章第3節~第5節)

■履修上の注意

言葉の意味を理解することを重視します。教科書の内容をしっかりと身につけてください。

■授業方法

-

■評価方法

平常点(受講態度、不定期に講義中に課すミニ・レポート:30%)、期末テスト(70%)による総合評価。私語は厳禁、質問は歓迎する。

■授業テーマ

高齢者の実態と高齢者福祉制度

■授業の到達目標/育成する能力

高齢者の生活実態とこれを取り巻く社会情勢、福祉・介護需要、高齢者福祉制度の発展過程、相談援助活動について理解する。

■教科書

『新・社会福祉士養成講座 第13巻 高齢者に対する支援と介護保険制度』中央法規

■参考書

『社会福祉小六法』(ミネルヴァ書房)、厚生統計協会『国民の福祉の動向』、『高齢社会白書』など。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ