Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

ソーシャルワーク論B

担当者 手嶋 雅史
学科 人関
学年 1
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 木曜日 5時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

倫理的ジレンマ、ソーシャルワーカーの役割、自己覚知、生活を理解する視点(アセスメント)について講義および演習形式で行う。

■授業計画

1.オリエンテーション
2.ソーシャルワークの倫理綱領
3.ソーシャルワーカーの役割①ゲスト講師)
4.ソーシャルワーカーの役割②(ゲスト講師)
5.ソーシャルワーカーの役割③(ゲスト講師)
6.発表
7.ソーシャルワークの倫理的ジレンマ①
8.DVD視聴
9.ソーシャルワークの倫理的ジレンマ② 
10.自己覚知
11.自己覚知
12.他者理解①生活アセスメントの視座
13.他者理解②生活アセスメント実践
14.社会福祉士制度の現状と今後の課題
15.まとめ

■履修上の注意

社会福祉士試験の受験資格に必須の科目です。ソーシャルワーカーとして必要な専門的知識を通年(A、B)を通じて総合的に理解していきます。
特に当該科目は「社会福祉士受験資格に関する科目の履修内規 5条 実習演習科目は、履修を希望する者を把握するため、履修登録の前に事前審査を行うものとする。」の規定に該当する審査も含まれています。

■授業方法

-

■評価方法

授業態度30% 小レポート・課題70%。

■授業テーマ

ソーシャルワークの倫理的ジレンマおよびソーシャルワーカーの役割について理解を深める。

■授業の到達目標/育成する能力

ソーシャルワーク実践で生じる倫理的ジレンマの構造を理解するとともに、多様なソーシャルワーカーの役割について学び、ソーシャルワーカーがどのような対人支援専門職であるかを理解し身につける。

■教科書

中央法規出版  新・社会福祉士養成講座6「相談援助の基盤と専門職」

■参考書

必要に応じて指示する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ