Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

地域社会と人間

担当者 谷口 功
学科 人関
学年 1
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 金曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

1998年に特定非営利活動促進法(通称NPO法)が制定され、ボランティア活動をはじめとする市民・住民が行う自由な社会貢献活動をおこなう団体が、法人格を取得することが可能となった。NPOは、地域社会が直面する高齢者・障害者介護、子育て支援、リサイクル、防災・防犯対策、環境保全、外国人の雇用定住対策など地域生活の様々な領域において、専門性を活かした実践を展開している。市民活動の原理を理解し、それらが社会にどのようなインパクトを与えているのかを考えることを本講義の目的とする。

■授業計画

1. ガイダンス
2. ボランティア活動の起源
3. 社会運動と人権
4. 住民参加とまちづくり
5. 営利活動と非営利活動
6. NPOの社会的役割
7. 都市の市民活動
8. 農山村の市民活動
9. 生産と消費と生活
10. 企業の社会的貢献
11. 地縁型活動とテーマ型活動の交差
12. 地域社会と政治
13. インターネットと市民活動
14. 市民協働と公共性
15. まとめ

■履修上の注意

特になし/
日常生活のなかで自らにとって地域社会とはどのようなものなのか考えてみて下さい。

■授業方法

-

■評価方法

中間レポート課題(30%)・・・・市民活動に関する大まかな理解を問う                       
最終レポート試験(70%)・・・・まちづくりにおいて協働することの意味を問う

■授業テーマ

協働の可能性

■授業の到達目標/育成する能力

市民活動(ボランティア活動など)の原理や、市民活動の社会的意義について理解する。

■教科書

指定しない

■参考書

適宜指示する

■WEBページ

-

 
ページTOPへ