Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

ジェンダー・セクシュアリティ論B

担当者 藤原 直子
学科 人関
学年 1
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 金曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

ジェンダーやセクシュアリティをめぐる諸現象を分析し理解を深める。
この講義では、これまでに蓄積されたジェンダー論・セクシュアリティ論を理解したうえで、具体的な事象・トピックを取り上げ、現状としてどのような問題が提起されているのかとともに、自分自身の問題として「性」と「生」について考察する。以下のようなトピックを取り上げる予定である。[1]性の多様性という側面から、同性愛/異性愛、セクシュアリティとアイデンティティ形成について考察し、[2]現代社会におけるジェンダー構造という側面から、性差別や性暴力について考え、[3]心身とジェンダーという視点から、性同一性障害について考察する。

■授業計画

1.日常生活世界におけるジェンダーの諸相
2.性に関する基本的概念を理解する
3.ジェンダーの多様性:現代社会における性別二元制
4.性同一性障害①:性に関するアイデンティティの諸相
5.性同一性障害②:現代社会におけるジェンダー体制
6.ゲスト・スピーク
7.セクシュアリティの多様性①:性的指向に関する理解を深める
8.セクシュアリティの多様性②:セクシュアル・マイノリティをめぐる諸問題
9.ゲスト・スピーク
10.同性間のパートナーシップ:現代社会におけるカップルの法的保障
11.同性婚をめぐって
12.性暴力について考える:デートDV、セクシュアル・ハラスメント
13.ゲスト・スピーク:ドメスティック・バイオレンスを考える
14.子をもつということ
15.まとめ

■履修上の注意

*受講希望者数と教室の都合により、同時限開講の吉田先生とクラス分けを行います。
この科目の学修を通して、個々人が生きていく社会そして日常生活世界にジェンダーがどれほど影響しているのか見出すことができます。それと同時に、自らのジェンダーを生きるための困難や快楽を実践するために、個々人が直面する課題を解決するための態度を身につけてください。

■授業方法

-

■評価方法

授業時のコメント用紙への記載内容40%、定期試験レポート60%

■授業テーマ

現代社会におけるジェンダー、セクシュアリティをめぐる諸問題

■授業の到達目標/育成する能力

現代社会における性をめぐる諸問題を発見し、解決しようとする態度を養う。そのために、ジェンダー、セクシュアリティに関する知識・理解を深めるとともに、じぶんの<生・性>の在り方を考える。さらに、ジェンダーの平等とセクシュアリティの多様性という視点を獲得し、性に関わる人権侵害の問題を理解する。

■教科書

なし

■参考書

参考書は授業中に適宜指示する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ