Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

乳幼児心理学A

担当者 吉田 真理子
学科 心理
学年 1
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 月曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

社会性の発達として、自己の発達、他者理解の発達、親子関係、仲間関係、などについて取り上げる。

■授業計画

1. 発達に関する諸理論
2. 乳児研究の最前線
3. 0歳児前半:原初的コミュニケーション
4. 0歳児後半:二項関係から三項関係へ
5. 愛着の発達と個人差および障害
6. 1歳前半:自己意識の芽生え
7. 1歳後半:他者の心的状態への気づき
8. 2歳児(1):イヤイヤ期と自我
9. 2歳児(2):想像力と空想の友だち
10. 3歳児(1):自我の育ちと感情
11. 3歳児(2):友だちへの関心といざこざ
12. 4歳児(1):自己の抑制と他者の心の理解
13. 4歳児(2):過去の想起
14. 5歳児(1):未来の予測・想像
15. 5歳児(2):自己と他者の時間の共有

■履修上の注意

実際の子どもの姿をイメージしながら講義を受けられるように、できるだけ身のまわりにいる子どもの姿に目を向けるよう努めること。

■授業方法

-

■評価方法

授業への参加態度・コメントペーパー(50%)と期末試験の成績(50%)を総合的に評価する。

■授業テーマ

乳幼児期の社会性の発達

■授業の到達目標/育成する能力

乳幼児期の社会性の発達に関する基礎知識を得るとともに、子どもの発達的な見方を学ぶ。

■教科書

『育ちあう乳幼児心理学』(有斐閣)

■参考書

授業内で適宜紹介する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ