Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

ケースメソッドII

担当者 小倉 祥子
学科 人関
学年 3
開講期 後期
単位数 1 単位
開講日 後期 水曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

男性職に参入した女性(製薬会社MR、百貨店バイヤー、宇宙飛行士)や、事業所で初めて育児休業を取得した人(身近な事例など)、初の女性店長など道を切り開いてきた女性たちを題材にする。どのようにして、彼女たちが道を切り開いていったのかを検討し、現在の状況と照らし合わせることで、卒業後の自分の希望するライフキャリアをどのようにしたら手にいれることができるのかを考える力をつける。

■授業計画

1.オリエンテーション
2.ライフキャリアについての検討
3.資料収集の方法(文献サーベイ/図書館利用について)
4.グループワーク[1]-資料収集-
5.グループワーク[2]-資料まとめ-
6.グループワーク[3]-パネル作成-
7.グループワーク[4]-プレゼン準備-
8.グループ発表[1]
9.グループ発表[2]
10.グループ発表[3]
11.グループ発表[4]
12.グループ発表[5]
13.グループ発表[6]
14.予備日
15.講評・まとめ

■履修上の注意

グループ作業を行うため、無断欠席はしないこと。

■授業方法

-

■評価方法

出席態度を重視する。グループ作業・発表の様子なども考慮する。
試験ではなく、授業時間内にグループごとの発表を行う。

■授業テーマ

ロールモデルの職業キャリアについて

■授業の到達目標/育成する能力

卒業後の人生について、どのような生き方・働き方をしてみたいのか、先人の事例を通して、自分自身のキャリアについて考え(思考・判断)、キャリアプランニング能力をつける(態度・志向性)ことを目標とする。

■教科書

指定しない。

■参考書

指定しない。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ