Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

ケースメソッドIV

担当者 向井 一夫
学科 人関・心理
学年 3
開講期 後期
単位数 1 単位
開講日 後期 月曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

現代社会における子ども、家族、親子関係、しつけ、教育、学校などにかかわる問題状況のなかから、各人の関心のあるテーマに沿って具体的なケース(事例)をとりあげ、それらをより深く、幅広く、柔軟に考え、多様なアプローチで探求する。その際、これまでに修得してきたデータ・資料収集の方法、分析の仕方を駆使して、そのテーマに関して実際に自らの手で調べ、自らの声、文章で発表することに重点を置く。
各自の設定したテーマに沿った事例、資料、文献、データの収集には、インターネットを利用した検索とデータ化を試みたい。また日々の新聞、雑誌、テレビなども重要なデータの素材として活用してもらう。

■授業計画

1.各自の関心と発表テーマについて
2.テーマに関する資料・データ・事例の検索と収集
3.テーマに関する資料・データ・事例の検索と収集
4.資料・データ・事例の吟味、検討
5.発表テーマと分析手法の決定
6.発表と討論
7.発表と討論
8.発表と討論
9.発表と討論
10.発表と討論
11.発表と討論
12.発表と討論
13.発表と討論
14.発表と討論
15.総括(まとめ)

■履修上の注意

個々のテーマに参考となる資料・文献については、個別に紹介する。/
積極的な討論への参加を望みます。

■授業方法

-

■評価方法

ケースメソッドでの発表内容(70%)、ディスカッションへの参加度(30%)、などをもとに総合的に評価する。

■授業テーマ

子ども・家族・学校にかかわるケースメソッド(2)

■授業の到達目標/育成する能力

自分の関心あるテーマにかかわるケース(事例)について、自らの手と頭で分析する力、発表し討論する手法を身につける

■教科書

指定しない。

■参考書

参考になる文献、資料についてはその都度紹介し、プリントとして配布。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ