Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

ケースメソッドI

担当者 吉田 あけみ
学科 人関・心理
学年 3
開講期 前期
単位数 1 単位
開講日 前期 水曜日 4時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

自分の人間関係を見直し、現代社会における人間関係の諸問題を理解するために人間関係トレーニングを行う。日ごろの人間関係の要素の中から、いくつかのテーマをピックアップし、自分をみつめ、自分をみつめる方法を考える。複数で作業を行うことにより、グループ内のよりよいあり方に気づき、さらに他者とのコミュニケーションにより傾聴力を身に付ける。これらのトレーニングによって、自己の持てる人間関係力をより開発することを試みる。

■授業計画

1.イントロダクション
2.体験から学ぶとは
3.気づく
4.かかわる
5.きく
6.コミュニケーションの難しさを知る
7.気づきを明確化する
8.影響を与える
9.リードする
10.他者を理解する
11.協同する
12.グループは変わる
13.体験から学ぶ1
14.体験から学ぶ2
15.まとめ

■履修上の注意

問題意識をもって、授業に参加してください。/
授業時の体験から学ぶために、毎時間の授業を大切にすること。

■授業方法

-

■評価方法

ワークへの参加状況(50%)、最終レポート(50%)で評価する。

■授業テーマ

人間関係トレーニング

■授業の到達目標/育成する能力

体験をとおして人間関係力を高める。思考・判断力を養うとともに、自己表現力を身に付ける。

■教科書

指定しない。

■参考書

星野欣生『職場の人間関係づくりトレーニング』金子書房

■WEBページ

-

 
ページTOPへ