Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

ケースメソッドII

担当者 吉田 あけみ
学科 人関・心理
学年 3
開講期 後期
単位数 1 単位
開講日 後期 水曜日 4時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

現代社会における人間関係の諸問題を理解するために人間関係トレーニングを行う。複数で作業を行うことにより、グループ内のよりよいあり方に気づき、さらに他者とのコミュニケーションにより傾聴力を身に付ける。様々なワークショップにより、自己解放力・自己表現力を高める。これらの体験をすることによって、自己の持てる人間関係力をより開発することを試みる。

■授業計画

1.イントロダクション
2.体験から学ぶとは
3.自己開発とは
4.豊かな発想をするー思い込みから解放される
5.人を尊重するー人権意識を高める
6.気づきを高めるー観察力を養う
7.自分を尊重するー自分に自信を持つ
8.表現力を高める1ー感情表現講座「演劇ワークショップ」
9.傾聴力を高めるーワーク「私の聴き方」
10.協調性を高めるー他者の動きに注目する
11.チームワークを高めるー問題解決のためのグループワーク
12.自分をみつめるーありのままの自分を受け入れる
13.表現力を高める2ー身体表現講座「日本舞踊体験」
14.多義性に気づくー多様な価値観を認める
15.まとめ

■履修上の注意

授業時における体験から学ぶことを目指しているので、授業には主体的に参加すること。

■授業方法

-

■評価方法

ワークへの参画状況・取り組み態度(50%)、最終レポート(50%)で評価する。

■授業テーマ

体験・人間関係トレーニング

■授業の到達目標/育成する能力

人間関係力を高める。思考・判断力を養うとともに、自己表現力を身に付ける。

■教科書

指定しない。

■参考書

柳原光『Creative O.D.』Press Time

■WEBページ

-

 
ページTOPへ