Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

ケースメソッドI

担当者 池田 英二
学科 心理
学年 3
開講期 前期
単位数 1 単位
開講日 前期集中

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

最先端の医療知識と設備の集まる大学病院精神科の治療現場で見学実習を行う。この体験を通じて、精神医学についての知識と精神科医療への理解を深める。

■授業計画

夏休みに、名古屋大学医学部附属病院精神科・親と子どもの心療科で実習する。本病院は、JR鶴舞駅、地下鉄鶴舞駅から、徒歩数分のところに位置する。(日程は未定。計5日間程度) 
外来と入院の施設見学、病棟での回診への参加、外来診察の陪席を行うとともに、最新の情報をもとにした疾患と治療法についてレクチャーを受ける。
本分野に強く関心を持つ者、将来、医療機関での就労を考えているものにとっては、貴重な体験となるであろう。

■履修上の注意

●服装
実習に際しては、病院実習にふさわしく清楚で動きやすい服装(例えば、抑えた色合いの綿パンツにポロシャツ、スニーカーという出で立ち)の着用をお願いします。(Tシャツ、派手な柄や色目のもの、肌の露出の多いもの、Gパンは不可) 学園からの支給はありませんので各自ご用意お願いします。なお、病院では白衣を着用します。学園が貸し出すことはできるが、各自気に入ったものをご用意くださってもよい。(約2000円~)
●実習費用
実習にかかる費用は、1日1080円です。各自で負担いただきます。
●事前準備 *詳細は5月の第1回目事前指導時に説明します。
院内感染対策のために、健康状態が確かであるかどうか各自、医療機関でチェックしていただくことになります。次の疾患について免疫機能が十分であることを証明する書類をご提出いただきます。麻疹、風疹、水痘、流行性耳下腺炎(おたふく風邪)、B型肝炎、結核
各自で施設選定の上、事前に検査を行い、(必要ならば)ワクチンの接種を済ませるなどしておいてください。施設によって費用は異なりますが、最低、約20000円ほど掛かります。医療機関の感染対策は年を追うごとに厳しくなっております。ご理解の程、よろしくお願いします。
●学生教育研究賠償責任保険(略称「学研賠」)に加入頂きます。340円です。実習準備中や実習中のけがなどに対応します。

■授業方法

-

■評価方法

実習態度50%とレポートの内容50%

■授業テーマ

大学病院精神科実習

■授業の到達目標/育成する能力

大学病院精神科・児童精神科の外来診療、入院診療の様子を見学することにより、精神医療についての最先端の知識と施設、治療の流れを理解する。

■教科書

なし

■参考書

なし

■WEBページ

-

 
ページTOPへ