Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

ケースメソッドI

担当者 中西 由里
学科 心理
学年 3
開講期 前期
単位数 1 単位
開講日 前期 月曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

体験実習である。毎回異なる内容の実習を行う。授業のテーマは「自己への覚醒」である。原則としてグループ・ワークであるので、欠席をした場合は、その実習課題を体験することは難しくなる。具体的な内容については授業計画を参照のこと。毎回授業に参加し、実習課題ごとにレポートを提出する事を求める。

■授業計画

#1.授業についてのオリエンテーション
#2.non-verbal communication の体験実習・感覚の覚醒
#3.「出会い」の体験実習
#4.集団の意思決定と集団における個人の役割
#5.実習(#2~4)の振り返りセッション
#6.強制選択による自己理解
#7.シーツ・ファンタジー
#8.ことばの基礎練習(傾聴練習)
#9.Mirroring, Dyads 
#10.子どもになって遊ぼう
#11.実習(#7~10)の振り返りセッション
#12.犯人は誰だ(推理ゲーム&グループワーク)
#13.相互スクィグル
#14.私の一生(過去・現在・未来)
#15.振り返りとまとめ
実習課題の中には、参加者が偶数(ペアを作る)でないと出来ない課題もある。欠席者の人数により、奇数となった場合は上記とは別の課題に振り替えることもある。
振り替え課題:「的あてゲーム」、「絵による伝達リレーゲーム」を予定している。

■履修上の注意

グループワークが主なので、欠席をするとその回の実習を後日体験することは難しくなる。
毎回、心を「無」にして授業に臨むこと。
自分自身が実習を通して「感じたこと」を意識するようにすること。

■授業方法

-

■評価方法

課題のミニレポート(80%)と最終レポート(20%)によって評価する。

■授業テーマ

「対人関係体験実習」

■授業の到達目標/育成する能力

自分自身を被験者として、自分自身の人間関係の持ち方を振り返り、自己理解を深めることを目的とする。

■教科書

特に指定しない。

■参考書

課題に応じて適宜指示する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ